フォト
無料ブログはココログ

2017年3月25日 (土)

名残の雪

Dsc_8702
弱い冬型の気圧配置で、昨晩は雪が降りました。ちょっと春めいてきた地面が薄っすらと雪に覆われています。

Dsc_8709
苔は冬でも元気ですけどね。

Dsc_8714
雲間から時々射す朝日が眩しいです。

Dsc_8719

それほど寒くないので、屋根に積もった雪はどんどん融けているようです。昼には雪が降った痕跡はなくなってしまうでしょう。


2017年3月23日 (木)

発掘

20170322_123442

いよいよ、雪も融けて古屋君の発掘作業を再開しました。去年最後に「まさかね・・・」と思って中断していた場所には、やはり潰れた小屋がありました。トタン屋根と木の骨組みと壁が埋もれています。

しかも中には空間が存在しているようです。何が入っているでしょうか。

家族からは、お宝が出るとか、温泉が湧くとか、石油が出るとか、人骨だけは掘り当てるなとか、散々言われているので、ここらで一発逆転したいものです。

20170322_123438

次女の推測では、この自転車を引き抜くと神様が「・・・よきかな」と言って、お団子をくれるそうです。

いっそ土器でも出ませんかね・・・

追加:

家の購入時のお世話になった業者さんに相談した所、

バックホー1台、トラック2台(分別処理が必要だから)で1日がかりというありがたい見積もりを頂きました。

自転車が埋まっているコンクリート片の山と倒れた小屋の材木が人手では処理出来ないとのことです。去年雑草が生えた土手だと思っていた部分は全て廃材とゴミの山だったようです。

購入前に考えた観測小屋計画はゴミの山の上に立てる計画と言う事になりますねー

これはいただけません。

2017年3月22日 (水)

32センチの威力

20170321_195033
清水の舞台から飛び降りたつもりで、32センチ買ってしまいました!

やはり鉄製の中華鍋は仕上がりが違います。野菜が水っぽくならず歯応えもシャキシャキして気持ち良いです。

残念ながら古屋君のガスレンジではスペースも火力も不十分ですが、それなりに使っています。

失敗したのは、お玉を手入れが簡単なステンレス製にしたら鍋に傷が付くことです。同じ硬さの鉄製お玉にした方がよいのでしょうかね?とりあえずお玉の縁を磨いで丸みを持たせてみました。

2017年3月20日 (月)

ウサギの日常

20170320075401
*
ご飯食べて、
*
20170320075219_2
*
寝て、
*
20170320081533
*
トイレに行って、
*
 
20170320075141
*
待機!
*
20170320075623
*
そろそろか?
そろそろ、何かくれても良い時間じゃないか?
*
で、ご飯を食べて・・・
 
 

2017年3月19日 (日)

水族館

1489823764740
ここ何年か、会議の無い土曜の夕方は、私の母親の買い物に付き合う事にしているのですが、昨日は金沢から戻った娘達がおばあちゃんの所に行ってくれるというので、私はのんびり新潟に戻りました。
すると夕方、LINEに大量の画像が送られてきました。新潟の水族館マリンピア日本海の写真です。
あれ???
どうやら、3人で水族館に行ったようです。
1489817761031_2
そういえば、子ども達が大きくなってから一度も行っていません。
マリンピアになる前の新潟市水族館は、入館料が安かったので、よく弟を連れて行った記憶がありますが、今の水族館は良くなった分高くなって、ちょっと暇つぶしという感じでは利用しなくなりましたね。
1489818282375
回遊水槽とか、ぼんやり眺めているのが好きだったんですけどね。
 
肝心の買い物は「おばあちゃん、コーヒーしか買わなかったよ」と娘達が帰ってから心配していました。私と買い物に行った時は重い物、かさばる物と、ビールとおつまみって感じなんですけど、さては孫に見栄を張りましたかね
 
 

2017年3月18日 (土)

PixInsightのカラーキャリブレーション

New1_3


PIのカラーキャリブレーション(CC)はPIの根幹的なプロセスの1つです。非常に有効で使い方によっては客観的で再現性のある処理を行うことが出来ると思われます。最近のリファレンスを参考に使い方をまとめたいと思います。

*

使用条件

1、CCを行う画像は、ダーク減算、フラット補正を行ったリニアデータであること

2、カブリ補正を十分に行い、DBEやABEで背景を均等化してあること

3、Backgraound Neutralizationは必須ではないが予めやっておいた方が良い結果をもたらす

*

モードの意味

1、レンジセレクションモード

近くにある渦巻き銀河に用いる。遠方銀河では赤方偏移の影響があるので好ましくないそうです。

 galaxies should have the following properties:

  • Closer than 50 mpc
  • Hubble classifications Sa, Sb, Sc, Scd, SBa, SBb, SBc or SBcd
  • Inclination less than 60 degrees
  • Integrated intrinsic intergalactic and galactic reddening < 0.5 mag in Johnson B

 だそうです・・・

*

2、ストラクチャーディテクションモード

 選択領域内の恒星を用いるモード、1以外の場合全てこのモードを使います。デフォールトでチェックされています。

*

*

ホワイトリファレンス

・リファレンスイメージ

 空欄(対象画像全体を使用)か、領域を選択する。

 領域選択の場合リージョン オブ インタレスト(RoI)を用いた方が有効な場合が多い

・ストラクチャーディテクション

 銀河内の星雲などはレンジセレクションモードには対応していないので、天の川銀河内の対象(散光星雲等)に用いる場合はストラクチャーデテクションをチェックした方が良いと思われます。レンジセレクションモードは前述の対象に用いるべきですが、結果オーライと言う事もあるので試して悪いと言う事も無いと思います。基本、恒星を用いる方が安定した結果になります。

※私見ですが、散光星雲などでCCを用いる場合、赤と青が混在する領域を使うとレンジセレクションモードでも良い結果になる事があります。また、用いている光学系に収差があると恒星を用いるストラクチャーデテクションでは思うような色調にならない事があります。

*

*

バックグラウンドリファレンス

・空欄(対象画像全体を使用)か、領域を選択する。

 領域選択の場合リージョン オブ インタレスト(RoI)を用いた方が有効な場合が多い

基本的にノイズの少ないニュートラルグレーの領域を選択すべきです。画像周辺に自信が無い場合は画像全体でなく、良好な領域を選択して使用すべきです。解説にはこの時RoIを用いた方が良いとなっていますが、具体的な理由は記載されていないようです。

2017年3月17日 (金)

引越し

1489476009806
昨日は長女の引越しでした。4年前新潟から行った時は家のワンボックスに全部積めた荷物が、今回は引越し業者に頼んでトラック一杯でした。いつの間にか増殖したようです・・・

私の母の遺伝子を受け継いでしまったようで末恐ろしいです。

仕事があるので私一人、夕べのうちに帰って来ましたが、家内と次女と3人でワイワイ掃除やら後片付けやら、やっていることでしょう。

ここで面白い偶然を一つ、

長女、次女、私の母。 金沢、つくば、古町と離れ離れですが、同じ階の3,5,7号室です。

それから、2年ちょっとの間に5回目の引越しネタでした・・・

2017年3月14日 (火)

Borg Cube

Dsc_86711
土曜日の帰り道、関分公園で写真に収めた立方体の雲。

何やら胸騒ぎを感じたのはBorg Cubeの出現です。スタートレックTNG以降を知っている人は知っているハイブリット生命体Borgの宇宙船、Sphereという球体もありますが、やっぱり人間の感性では宇宙船とは思えないCubeがBorgらしいと思います。

ある日突然、Borg CubeがYou will be assimilated. Resistance is futile.と一方的通告をしながら現れる・・・、人類最後の日です。Borgは他の生命体を同化する事で、知識や技術を進化させていく集合生命体です。

でも、安心して下さい!今の人類の科学水準だとBorgは人間を知的生命体と見なさないので同化される心配はありません。

以前にも書きましたが、嬉しいような哀しいような・・・

2017年3月13日 (月)

お月見にはまだ寒い

_1
昨日は良く晴れました。かみさんは夜まで用事で出かけたので、私はお昼を食べたら古屋君に帰って?春物撮影の準備をしていました。VC200Lを1800mmオフアキ&ガイド鏡仕様、125SDをEOSkissX7+ドローチューブ仕様に組み替えました。

夕方頃合を見て飯豊を撮りに散歩に出ましたが、今一つ夕映えませんでした。

Dsc_8690


月はまだ杉林の向こう側ですが、とりあえずプシュと。

20170312_175944

お月見も期待したのですが、生憎霧が出ておぼろ月なのにもの凄く寒くて一瞬で退散しました。

2017年3月11日 (土)

あれから6年

Dsc_8667
*
あの大災害から6年、日本海は静かな午後でした。
*
そして今日は亡き父の誕生日。生きていれば85歳でした。
*
Dsc_8669
*
Dsc_8659
*
Dsc_8671
*
今週もバタバタと過ぎてしまいました。
 
 

«AF-S Nikkor58mmf/1.4G その2