フォト
無料ブログはココログ

2019年2月16日 (土)

お魚を食べる

1550269982739
昔ながらのお惣菜屋さんで、お皿を持っていくと造ってくれるお刺身盛り合わせ。

2人前1000円。

年配のご夫婦がやっていて、お惣菜もとても良い味付けで良心的な価格。夕方には近所のお年寄りでごった返しています。

20190207_182314
新潟市古町にあるちょっと洒落たお店のお造り。

単品の提供はないので値段は分かりません。

品の良いご主人が渾身の料理を提供してくれます。カウンターに座っても、押し付けがましい感じがなく気楽に楽しめるお店ですが席が少なく予約は取りにくい。

生のお魚料理、お刺身やお寿司は「ご馳走」です。市場でお魚を買うと一種類を大量に食べる事になりますが、お惣菜屋さんの盛り合わせは色々入っていて楽しいし、しかもお腹一杯。洒落たお店のお刺身は少量ですが面倒なあるいは奇抜な下拵えがしてあったりして、お酒がすすみます。どちらも私にとっては大切なお店です。いつまでも続いて欲しいです。

 先日、父が存命の頃から利用していた近所のお寿司屋さんが店仕舞いしてしまいました。ご主人がご高齢で跡継ぎもいらっしゃらなかったので仕方ないですが、また寂しくなりました。大資本のチェーン店ばかりが増えていくのは何ともやり切れません。機械的に管理された「バイト」さん(自分の子どもを含めて)が低賃金で機械的に作らされている料理を、機械的に食べさせられる感覚が好きになれません。

一旦ゴミ箱に捨てたお魚を「食べさせられていない保証」は何処にもない世界です。

2019年2月15日 (金)

宇宙探査船オーヴィル

New1
宇宙探査船オーヴィル、シーズン1を見終わりました。

そう!シーズン1と書いたのは、

12月からアメリカでシーズン2の放送が始まるからです。

 前評判ではスタートレックを模したコメディーという噂でしたが、実際に観てみると安っぽい模倣ドラマではなく、非常に面白かったです。ほどよくスタートレックっぽく、意外としっかりしたストーリーと、ちょっときつめのジョークやパロディー満載です。スタートレックでお馴染みの役者さんも登場したりして、トレッキーに評判が良いよいというのもうなずけます。全くスタートレックを知らない方でも結構楽しめるのではないでしょうか。

シーズン2、日本でも早く放映されませんかね。

2019年2月13日 (水)

ピントの深度

Dsc_3354
今日も大きな結晶が落ちてきました。上の写真は等倍です。

大きいと見栄えはしますが、結晶全体にピントを合わせる事が出来ません。自然光で撮影しているので絞れてF12程度ですしマクロでは深度は絞っても浅いです。結晶がレンズの光軸に対して直角に立っていれば良いわけですが、そんなに都合の良い事は滅多に起こりませんしね・・・

Dsc_3353
結局これ位の倍率で何となくピントが合っている所は合っているような撮り方しかないのでしょうか。


2019年2月12日 (火)

スティックPC

20190208_103128
先日、こんな物を買いました。

HDMI直付け可能なスティックPCと呼ばれている物です。しかもChromeOS搭載。

これまで職場ではデジタルフォトスタンドの大きなヤツを掲示用に使っていたのですが、結構高額な上に壊れやすいので、パソコン用のモニター+スティックPCで試してみる事にしたのです。

20190212_124529

こんな感じで使えるようになりました。肝心のスティックPCは表からは見えませんが、

20190212_124435_2

モニターの裏側に附属の両面テープで留めてあります。コンパクトで良いですね。

使い始めて1週間程です。今の所、夜間はモニターの電源のみを切りパソコンは付けっ放しで使っているのですが、結構熱を持つので出来れば使わないときは電源をOFFにしたいです。

ここで問題になるのが、ChromeOSが起動時にパスワードの入力を求める事です。スティックPCにはキーボードもマウスも付いていないので、USBのキーボードやマウスを一々接続してログインして、スライドショーを動かして、と言うのが面倒くさいので付けっ放しなんですね。

そこで、

20190212_130332

BlueTooth接続、USB無線接続対応のタッチパッド付きのミニキーボードを買いました。普通な物ではつまらないので・・・

バックライトも付いていて、おまけにLEDライトにもなる(必要なのか?)、優れものです。

試してみるとBluetoothは問題なく接続出来て、それなりに使えます。しかしスティックPCの電源を切り、再接続するとキーボードが認識されません。家にあるタブレットやノートパソコンでは概ね再起動しても接続は維持されているので、スティックPC側の問題でしょうかね。これではパスワードを入れられません。USBの有線キーボードを接続してログインし、Bluetoothを再接続すれば使えるのですが、それでは全く意味がありません。

 ネットで回避策を検索しましたが、ChromeOS自体の記事が少なくて見つけられませんでした。Bluetoothの切断に関しては同じAsus Chromebitでの報告記事はありますが、Windowsのように省電力の設定をOFFとかという解決につながる情報はありません。大抵、付けっ放しにしています、という解決方法でした・・・

 そこで試しにミニキーボード附属のUSBの無線端子でも試してみましたが、これは使えません。初期不良?いずれにしてもUSBポートで使うつもりはないので関係ありません。

なんとか使えるようにしたいですね。

2019年2月11日 (月)

穏やかな建国記念の日

Dsc_3325
*
連休最終日、午前中は海の家でエアコン工事があってバタバタしましたが、薄日が射すお天気に誘われて、午後からシーサイドラインをドライブして来ました。関東では雪が積もったと報道されていましたが、雪が積もっても新潟レベルでは穏やかで暖かな日でした。
*
Dsc_3327
*
今回はちょっと画像処理で味付けしてみました。
*

Dsc_3321_2
*
あまりいじり過ぎるのも好きではないのですが、デジタル暗室も面白いです。
*

Dsc_3315_2
*
通りすがりにパチパチ撮っているので太陽の位置による光の加減とか全然行き当たりばったりで必ずして良い条件ではありませんが、まあそんなものです。


 

2019年2月 9日 (土)

雪の華

Dsc_3287


Dsc_3289

Dsc_3291

最強の寒波は、最高の雪の結晶を届けてくれました。

古屋君の庭には常緑樹が無いので、撮影場所に困っていたのですが、運よく最高の撮影場所も確保する事が出来て綺麗なコントラストに仕上がりました。

2019年2月 8日 (金)

光害と雲

20190205_3
5日の晩、2つ目はこの領域。

予想よりスキー場の照明が消える時間が遅かった事と、予報通り低空から雲が広がってきた事で撮影枚数が少なかった上にカブリの除去と星の滲みで今一つです。

これ以上手を加えても良くなりそうにありません。残念・・・

kさんからコメントを頂いたので、撮影時の状況が分かる画像を追加します。

New3

画像は横向きですが、上がスキー場の光害。左下は照明が消えた後の画像、右は低空に雲が広がってきた画像です。

結局、ナイター照明の画像とその後の画像は分けて処理して、加重平均で合わせています。明らかに雲が張り出す前でもシリウスはボケボケでしたけどね。

2019年2月 7日 (木)

縮小する

20190205_1


今年初のガイド撮影となりました。スキー場の照明の影響を受けない領域という事で選んだぎょしゃ座です。
Canon EOS6D改造機(ハヤタ・カメララボ)
Nikkor 58mm(F1.4)F4程度、ISO3200, 90sec. 86枚スタック
VixenGPD改オートガイドなし 、星見櫓BKにて撮影
ブログ用に、EOS6Dの5496*3670サイズの画像を1200*800に縮小しているのですが、これがなんとも気に入らないのが最近の悩みです。
20190205_2
等倍だとこんな感じですが、ここを写したいならもっと焦点距離の長いレンズを使います。全体を見せたいのですが、一般的な1920*1080のスクリーンに収まるように縮小すると微光星が潰れてしまいます。もっと星を抑えて星雲を強調するようにフィルターを使うなり画像処理する方が良いのかもしれませんが、私の好みではありません。
何か上手い方法は無いものかと思案しています。
真冬の割に冷却無しのデジタル一眼ではノイズが多く、現状では赤いノイズと暗黒帯の区別がつかない程度に荒れているので、もう少しノイズ処理をして仕上げたいと思います。
Take2_cc_100_2
ノイズ処理を慎重に行って、等倍でも見苦しくないレンジ幅にしてみました。星が滲んでいるのは、空のせいか、ピントのせいか、レンズのせいか・・・
このレンジ幅だと画像全体で天の川を見るには迫力がないです。
20190205_1_1
これで良いと言えば、良いのかも知れませんが、
20190205_1_2
私はこれ位まで切り詰めないと気が済みません。でも切り詰めて縮小した画像を拡大してみると星が汚いですよね・・・
悩ましい。


 

月齢1.5

Dsc_3257
*
2夜連続で晴れるなんて!!!
*
残念ながら今日は新潟に帰らなければならなかったので、18時10分頃胎内川の土手を車で走っていました。西の空になんだか明るい筋が見えます。
ひょっとして?と思い望遠レンズを向けてみると、月です。後でステライメージで調べたら月齢1.5だそうで、多分初めて写真に撮りました。
*

Dsc_3275
*
これが限界高度でした。地平線が無いので何とも分かりずらいですが、電柱をかすめているので、かなり低空まで見えていたようです。
*
手持ち撮影だったので、シャッタースピードを延ばすことが出来ず残念でした。

2019年2月 6日 (水)

久々の撮影

Dsc_3224

*

昨夜は久しぶりに晴れました。直焦点で撮れるほど晴れそうになかったので、星見櫓BKでの星野写真を撮る事にしました。ナイター照明が消えるまでは天頂付近のぎょしゃ座、その後冬の天の川、駄目もとで朝まで北極星付近という作戦を立てました。

*

Dsc_3226


*

ニノックススキー場はナイター照明がついていなかったようですが、胎内スキー場は照明が消えたのが22時過ぎでした。出来る事ならオリオン座を撮りたかったのですが、22時過ぎでは既に光害の中です。それに予報通り雲も広がり始めています。ナイター照明が消えた東側は既に春の星座が昇っています。

19時から撮影を始めて、21時過ぎにオリオン座の東側、シリウスより上の天の川を狙いました。いつもなら21時過ぎにはナイター照明が消えるのですが、昨夜は22時を過ぎるまでついていました。まあシーズン最後で最高の条件でしたから仕方ないですね・・・

Dsc_3198
*

ナイター照明の中のオリオン座

0時頃にはまだ晴れていた北天に構図をとり朝まで撮影。衛星画像では佐渡バリアが頑張っているので、運がよければ明け方にさそり座を拝めるかと思い4時にアラームをセットして就寝。起きて見ると辛うじて1等星が見える程度の空だったので、撮影を止めてまた布団に入りました。

*

Img_9776
*

こんな写真をせっせと100枚以上撮影していました。

結局まともに撮影出来たのは、ぎょしゃ座だけですね。

«雪どけ