フォト
無料ブログはココログ

2017年6月21日 (水)

古屋君の蛍事情

Integration
昨夜は20時過ぎても20度を越えていたので、期待して蛍散策をしました。

古屋君の周囲は結構飛んでいます。星見櫓でもむじな川の蛍をみる事が出来ます。

田んぼでも畑でもチラホラ見かけます。そして大抵の水路で蛍を観る事が出来ました。コンクリートで固めた水路でも、土砂が堆積して草が生え、カワニナが生息できるようになっているのでしょうか。

蛍星景写真で問題となるのは、密集した生息場所を見つけられないことと、どこも道路や街灯が明るくて星景写真に向かない事です。夜遅ければ交通量は減りますが、深夜の蛍ピークは気温が下がってしまうと当てになりません。

だいたい蛍が活発な夜に快晴って事は少ないですよね。

2017年6月20日 (火)

夕暮れ蛍

Integration
昨夜は晴れ予報でしたが、下越地方は薄雲が抜けるのが深夜近くなりそうだったので、直焦点はやめて、今シーズン初の蛍撮影に出かけました。

徒歩でもいける所ですが、一昨日熊の目撃情報が近所に出ていたので車で出ました。道が狭いので絶対徒歩の方が楽なんですけどね・・・

気温は低めであまり活発ではありません。途切れ途切れに5分ほど比較明合成してこの程度です。しばらく待ちましたが活発に飛ぶ様子もなかったので、昨日はここまで。

今日は昨日より暖かいので、もうちょっと飛びますかね。

2017年6月18日 (日)

にっぽん縦断 こころ旅

Dsc_13601

火野正平さんがお手紙を元に自転車で各地を回る番組で、私が暮らしている胎内市が出るというので、録画して観ました。
胎内スキー場から樽が橋を通ってシンクルトン公園、そして私が以前毎日のように散歩していた砂防ダムのため池。ピンポイントで私の生活圏だった辺り!!、今もそうですけど・・・
公園内の「猿のケージ」の外側に猿というのも街の人には衝撃でしょうが、私が驚いたのは「手紙」の方です。
手紙の内容から推察する年代に新築で5部屋の村営住宅はシンクルトン公園の徒歩圏内に2棟のみのはずです。2005年から10年間私が暮らしていた家とそのお隣が、今から30年程前に切り開かれた住宅地に最初に村が建てた住宅と聞いています。
50%の確率で、同じような生活をしていたご家族がもう1組いらしたことになります。
この借家、私が暮らす前10年ほどは私の友人で前任者が暮らしていました。彼も同じように単身赴任で週末家族が遊びに来るライフスタイル。引き継いだ私もそんな暮らし方。さらにその前にお手紙の主さんがいらしたならと想像すると面白いです。
*
前田さんに確かめてみたいです!
*
それから火野さんと写っていた「ため池」は山奥の不気味な沼みたいに見えましたが、良い季節には上の写真のような雰囲気です。
Dsc_9316


New1
火野さん達が、自転車で通った険しい山道は、胎内川を右手に見てシンクルトン方向に下っていたので、地図上で黒線の道でしょうか。入口は胎内川橋の手前で枝分かれしている道だと思います。もう一本鼓岡から回り込む道は途中で車では通れない感じだったので諦めました。出口は中学校の奥だと思います。車で撮影に行きますが行き止まりだと思っていました。
通った事はないので定かではありませんし、多分すごーく危険だと思います。熊とか蜂とか猿とか落石とか倒木とか・・・

2017年6月17日 (土)

やまぼうし

Dsc_9311
古屋君の周りでは、やまぼうしが満開です。あちらこちらで木が白くなるほど沢山の花を付けています。

Dsc_9308

やまぼうしの花は白く咲きますが、花が終わる頃になると何となくピンク色に染まってきます。桜の花も散り際の方が濃いピンクになりますよね。

Dsc_9305
長閑で寂しい山村の風景という感じがしたので、一枚撮らせてもらいました。


2017年6月16日 (金)

薔薇

20170615_155428
近所の公園で薔薇が見頃です。いろんな種類の薔薇が公園の一角に植えられていますが、周辺は甘い薔薇の香りで一杯です。

20170615_160130
花も見事なら、棘も見事!

「綺麗な薔薇には棘がある」のモデルになりそうな薔薇もあれば、

20170615_160102
これから本気出す!って感じの薔薇もあって、薔薇の世界も様々です。

気温が低い日が続いていますが、昨日はちょっと暖かかったです。

2017年6月14日 (水)

思い出せ

1497393323988
実家から引き取って2年半、もうすぐ7歳の我が家のウサギは現在投獄中です。

生後数ヶ月から最近まで、夏場の暑い時期以外、殆どトイレを使っていたのですが、この春頃からすっかりトイレを忘れてしまったようです。引き取って以降、ケージの扉を外して玄関と風除室で好き勝手に遊んでいましたが、トイレはケージに戻って自分のトイレを使っていたので、ケージの中で生活すればまたトイレを思い出してくれるのではないかと思ったわけです。

でも老化現象ですかねー。ウサギも認知症になるのかな。

2017年6月13日 (火)

画像処理

20170529_2

当初、PM2.5の影響で赤も青も足りない画像でしたが、画像処理次第ではここまで頑張れます。まだ星の輝きが足りませんが、今回はこれが限界かな。元が悪すぎます。

それでも前回の処理と比較して頂ければ、違いが良く分かります。

20170529_11
で、プレプロセスが終った状態、つまりダーク減算、フラット補正、ベイヤーRGB変換、アライメント、コンポジット(インテグレーション)を行った画像を、カラーバランスを合わせて単純にDDPすると

Lightbinning_1
こんな感じです。空が悪いので色彩感に乏しく、さらにカブリがあるので下の方はボンヤリしています。

New1
ついでに等倍で画像の荒れ具合をみていただければ、酷い荒れ方でどうしようもない事が分かります。

このような画像でも、画像処理の具合でそこそこの雰囲気にする事が可能だという事が分かると思います(私はこの作業が好きで天体写真をやっているような気がします)。

では3枚目の画像が自然なあるがままの状態か?というと、そうでもないのが天体写真の面倒な所です。

人間の目に見えている光を、その程度の光量で写真に撮ると感度的にボンヤリ天の川の構造が分かる程度で殆ど真っ暗です。では人間の目で見える光を十分蓄積して写しても改造カメラに赤く写る星雲は殆ど赤く見えません。

そんな訳で私的な天体写真とは、

よく言えば、目ではよく見えない物を人間の目でもはっきり見えるように加工した写真

悪く言えば、長時間蓄積した画像データーを利用したアート

なんじゃないかと思うわけです。

そうすると画像処理は加工でありアートであるという事になるわけで、「ほんと何やってんだろう?」と思う事もしばしばです・・・

New3_2


デジタル一眼の画像で無理をすると、細かい色むらが目立ちます。ダークの問題と言うより階調幅の問題なのでしょうか。良い空だとこの様なムラにはならないのですが・・・

2017年6月12日 (月)

ペンギン湖

20170611_162205

新潟の新名所候補「ペンギン湖」に行ってきました。うわさ通りペンギンそっくりです。

場所は

20170611_161818

砂浜のある新潟の海岸で、テトラポットが少なく波が比較的荒い場所。

大きな波が去った後に出現します・・・

20170611_162443
気温は低めでしたが、晴れた気持ちの良い一日でした。

海岸を散歩しながら、ぼんやり考え事をするのが好きです。考えなければならない事、考えた方が良い事、考えない方が良い事、が波音をBGMに浮かんだり消えたり、結論は出ても出なくても気分が楽になります。

山の散歩は歩く事に集中しないと危険なので、のんびり考え事はしません。ひたすら歩く事に集中します・・・




2017年6月10日 (土)

梅雨入りかな

Dsc_9297
昨夜は満月が見えたのですが、今朝は雨が降っています。ジメジメして生暖かく、いかにも梅雨の雨という感じです。梅雨入り宣言では、毎年「関東甲信」に置いていかれる「越」です。そろそろ梅雨入り宣言しないとね。

・・・そうだった。今は「宣言」はしないんでしたね。「したとみられます」なんですね。個人的には気象庁が「宣言」した後に晴天が続いても別に文句を言うつもりはないので、全然宣言してもらって良いのですが、結局当たり障りの無いお役所言葉が好きなんですよね。

Dsc_9298_2
雨上がりの夕暮れ時には、蛍を探してぶらぶら散歩したい季節なんですけど、近所でも車で行かないと何となく怖いです。



2017年6月 6日 (火)

更なる敵

Dsc_9280
スズメバチの最初の前線基地は駆除出来たようですが、夕べは新たな敵が襲来しました。

月は明るかったですが、星見櫓でVC200Lの運用テストをやろうと思って準備していると、突如ギャアギャア、バサバサ。

薄暗くなった空を2羽のカラスが飛びまわっています。しかもかなり低空!!

どうやら近く(私から見ると随分遠くなんですけど・・・)の杉の木に営巣した番のようです。子育て前で神経質なんでしょう。しばらくわめきながら偵察していました。今朝も反対側の電柱でこちらの様子を窺っているようでした。カラスもいざとなると獰猛になるみたいですから、気をつけないといけません。今夜は月見酒にでも誘ってみようと思います。私はカラスの営みを邪魔する気が無いことを伝えてみます。

Dsc_9284
肝心のVC200Lですが、フォーカスはモーターを付けてリモートにしたので、ピント合わせは快調でした。ガイドは当初オフアキも考えたのですが、これからの季節はモノクロCCDなので、フィルターによってはピントを調整する事を考えて、親亀小亀方式にしました。ここで失敗。以前はガイド鏡で対象確認出来たのですが、組み方を変更したため対象確認が出来ず、あたふた。PinPointの不調(露出時間が足りないのかな?)。クランプの緩みで導入が不安定だったりうまくいかず。フードを実家に置き忘れていたので、結局副鏡の結露で万事休す。

試し撮りも出来ずに終ってしまいましたが、モノクロCCD+VC200Lの面倒臭さを十分に思い出す事が出来たのが収穫です。ちなみに撤収時の外気温7度、まだデジカメが使える温度です。

«新たな侵略者