フォト
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

日輪、梅雨の晴れ間

Dsc_6697
今年は梅雨の晴れ間が多すぎるように感じますが、そんな朝に見事な日輪を見る事が出来ました。ありがたや、ありがたや。

Dsc_6669
沙羅の花はこれくらい開くと落ちてしまいます。

なんか勿体無い花です。

Dsc_6674
やっぱりガクアジサイは綺麗です。

Dsc_6672
私は普通の紫陽花より

Dsc_6666
ガクアジサイの方が好きですね。






2016年6月28日 (火)

梅雨らしい雨

Dsc_6643

朝から雨降りです。

幸いな事に西日本で災害を起したような豪雨ではなく、いかにも梅雨らしい雨です。今年は雨不足の新潟なので、これでホッと一息となるのでしょうか。

Dsc_6657
雨が降っている感じって、写真に写りませんね。

Dsc_6653_2
降っているのですが、ちっとも伝わらない・・・

Dsc_6579
水滴は写りますが、今降っている感じはどうやったら写るのでしょうかねー

ストロボを使ったら写るでしょうか。




2016年6月27日 (月)

アジサイの原種?

Dsc_6606
散歩道に咲いていたので、検索してみたらノリウツギだそうです。紫陽花の原種ともかいてありました。確かに葉がそっくりです。そもそも紫陽花って日本原産なんだそうですね。

そして普通に見る紫陽花はガクアジサイを品種改良した物だそうです。

Dsc_6633
これがどうやったら、

Dsc_6635
こうなるのか、私には想像出来ませんが、ガクアジサイも結構綺麗ですよね。



2016年6月25日 (土)

雨を撮りたかったのですが、

Dsc_6603

雨は時々当たる程度、しかも風が強くて梅雨らしい雨の写真は撮れませんでした。

Dsc_6594

せめて水滴と思いましたが、今一つ・・・

Dsc_6608_2
ただのマクロ撮影になってしまいました。

久しぶりに何も予定の無い週末です。

今晩あたり天の川蛍を撮りたかったのですが、晴れそうにないですね。






2016年6月24日 (金)

古町

20160623_085415
新潟の古町からちょっと下手、この小路は美味しいお店が沢山あります。バス路線の変更で乗降客が激減したと言われる古町、本町エリアがますます寂れていくのは残念です。

どうして新潟の行政は昔ながらの町を大切にしないのでしょうか?

Dsc_6573
街も田舎も、梅雨真っ盛りです。


2016年6月22日 (水)

6月のうさぎ

 

                          え!?

Dsc_4479

兎は冬の季語です。食用、毛皮を目的に冬場に猟をするからだそうです。

何時の話ですか?

そろそろ季語から外してもらえませんかね。

フランスのお料理番組では、鳥とか兎とか丸ごとブランブランしてますから食べ物なんですよね、基本。でも今の日本ではあまり食べませんね。冬場が旬とか現実からかけ離れているように感じます。

2016年6月21日 (火)

6月の猫

Dsc_6553_2

青い鈴を付けたこの猫さん、去年も6月にお会いしています。去年は7月になると別の猫だったのですが、今年はどうでしょう。

Dsc_6547
たぶん近所の飼い猫ですよね。

Dsc_6566
遊歩道の真ん中で食事中の勇敢なカタツムリ・・・、踏まれるぞ。









2016年6月20日 (月)

アントン・イェルチンさん死去

New1
スタートレック(2009年)でチェコフ役を演じたアントン・イェルチンさんが亡くなったそうです。まだ27歳、若すぎますね。スタートレックには無くてはならない準主役のクルーで、個人的にはロシア語訛りのとてもはまり役だと思っていたので残念です。

映画の方は第3作が秋には公開されるようです。見納めですね・・・

2016年6月18日 (土)

親も大変

Dsc_6514

散歩していたら、目の前を羽をバタつかせてヨタヨタとこんなヤツが通りました。

つぐみ??定かではありませんが・・・

飛べないけどバタバタ必死て逃げている感じです。これって!?

近くに巣や雛が居る時に親鳥が外敵の目を逸らすための擬傷では?初めて見ました。

だまされて付いて行くと

Dsc_6518
いい感じの距離を保って、しっかりこちらの様子を伺いながらジタバタ逃げていきます。

上手いぞ!

しばらく行くと「任務完了!」って感じで飛び立って行きました。

親鳥も大変ですね。

Dsc_6531
雨が少ないせいか、今年の紫陽花は小振りのような気がします。

Dsc_6522
一雨欲しいですね。

2016年6月17日 (金)

違いが分からない男

20160616_162656
コーヒーではありませんが違いが分かりませんでした。かみさんに頼んで分からないようにグラスに入れてもらって、きき酒をやってみました。かろうじて正解しましたが多分まぐれです・・・

他の県の物も試してみたいですね。

2016年6月15日 (水)

胎内川に沿い

Dsc_6505
今朝は胎内川に沿って散歩しました。陽射しが強い季節には朝でも暑いので、どんよりした梅雨時にちょうど良いコースです。

Dsc_6497
撮鉄ではないのですが、電車を撮る時になると、もっと望遠があればなーと思ってしまいます。

Dsc_6511
鳥屋でもありませんが、もっと望遠があればなーと思ってしまいます。

最近は比較的お手頃な?値段で150-600mm程度のレンズも出ていますが、手にとって見るとあまりの大きさに二の足を踏みます。小型の消火器ほどの質感です。そんな物を持ってぶらっと散歩は出来ません。



2016年6月14日 (火)

粟島

Dsc_6479
県外の方には「くりしま」と読まれてしまう「あわしま」です。

散歩道からこれほど鮮明に見える事は滅多にありません。空は曇っていますが低空の透明度は抜群のようです。

Dsc_6479_1

学生時代は毎年訪れていたのですが、すっかりご無沙汰してしまいました。

観光ではわっぱ煮が有名ですが、真竹の竹の子とカワハギを煮付けた料理が忘れられません。

2016年6月11日 (土)

初蛍

Dsc_6403

昨夜は月が大分明るくなっていたのですが、晴れていて居残り出来るのは滅多に無いので駄目もとで天の川蛍を撮りに行きました。場所は一昨年見つけた胎内市と村上市の境界辺りで荒川運動公園のすぐ近くです。

Hotaru20160610_1_2



風も無く空は良かったのですが、気温、湿度共にかなり低かったようで飛んでいる蛍は数匹しか確認できませんでした。月が暗くなるまで待とうと思ったのですが、21時過ぎには蛍が全く飛ばなくなったので撤収しました。ちょっと早かったようですね。6月下旬、月の出が遅くなる頃もう一度挑戦したいです。

Nikon D800 ISO3200 15秒、Nikkor 14-24mm、14mm f2.8開放、固定撮影

20時30分頃撮影。地上風景のみ6枚比較明合成、空は1枚画像。

蛍星景では、その時の空の明るさ、天の川の雰囲気を大切にしたかったので空はコンポジットなしの一枚画像です。蛍は僅かに飛んだ2匹の軌跡を連続でコンポジットしてあります。時間が早く関川村の方向はまだ明るいので6月に昇る天の川を撮影するのは厳しいです。

4月の明け方に同じ場所で撮った天の川を参考までに載せておきます。

Milkyway20140408_61

2016年6月 8日 (水)

5年経過

20160608074944

現在5歳半ば。日向ぼっこが大好き、でも暑いのは苦手。

Dsc_32721_2

その若かりし頃、生後約半年。

なんか、しゅっとしてますよね。ネザーランドドワーフの寿命は平均6年くらいで8年生きれば長きだと聞きます。そう考えるとかなり婆さんになっているのでしょう。

Dsc_6375

散歩道の子猫、飼猫の子だとは思うのですが・・・

そして、

Dsc_6368
あまり撮らない写真、特に主張とかテーマがある訳ではないですが

2016年6月 7日 (火)

今日の散歩道

Dsc_6347
何となく時間に追われる生活ですが、健康のために朝の散歩だけは欠かさないようにしています。小判草がいい感じに実をつけています。

Dsc_6352
久しぶりに105mmのマクロレンズを背負っているので、小さな花も狙ってみました。

ヒメフウロかな?

Dsc_6349
実は小さな花を沢山付けている額紫陽花

Dsc_6363
そして、水面に写る葉桜

Dsc_6358

桜会議の広場。満開の頃、日が射し込んでいる中心から魚眼で撮ると全周桜になります。

黒川でも、そろそろ蛍が飛びそうな時期です。夕方風がおさまって気温が高ければ蛍散策してみましょうか。

2016年6月 6日 (月)

6月といえば蛍

Dsc_6341
紫陽花の花が色付き始めました。

Dsc_6344
ココログに移って8年目です。よく8年も続けたものだと感心しますが、十数年続ているホームページより実生活の役に立っている事を実感しています。時系列にデータが保存されているので、日記のような感じで過去を振り返れます。HPでは項目毎に保存されているので時間の情報がスッキリしませんが、ブログは毎年6月には何をしていたのか簡単に振り返れるので、「6月といえば蛍」となるわけです。

Dsc_6338_2
私の蛍撮影は職場周辺の極限られた地域限定で、蛍の名所とか穴場に出向いて撮影するスタイルではないので派手な乱舞は撮れませんが、毎年それなりに蛍を楽しむ事が出来たようです。残念な事にまた一ヶ所、石油公園近くに開発の手が入ってしまいました。毎年僅かですが飛んでいた蛍も今年は見れないかもしれません。猿達が道路に出てくるのも境界域の森林を失ったからかもしれません。

山を切り開く事で地域が活性化するのではなく、切り開く作業そのものが地域産業を維持していくために重要な事は分からなくもありませんが、その後に子孫に引き継いで行ける自然は残りません。

2016年6月 4日 (土)

初夏

Dsc_6330

月もなく快晴、またと無い撮影チャンスだったのですが、週末連荘で会議です。お役目が減って今年こそ星撮るぞ!と思っていたのに、ピンポイントで妨害されている感じです。

Dsc_6334
いつもの散歩道も初夏って感じです。それにしても道路に猿共の粗相の跡が目立ちます。アスファルトをトイレだと思っているのでしょうか?明らかに親子○○ってのもありましたが写真は撮りませんでした・・・

Dsc_6331
丸いのを見つけると、ついつい撮ってしまいます。

Dsc_6337
路肩の雑草を草刈機で刈ったようです。この切り口、切るというより引きちぎるという感じです。植物以外の何かが、こんな断面でバサバサ切られていたら、さぞおぞましい光景でしょう。

裏返せば、植物から進化した生命体が地球を訪れて、運悪くこの光景を見たら、間違いなく人類は残虐種族として一掃されてしまうでしょう。今日は来ませんように。

2016年6月 1日 (水)

もうすぐ入梅

Dsc_6318_2
6月に入りました。早いですね。もう半年経ってしまいます。

Dsc_6329

これからしばらくは蒸し暑くてジメジメしたお天気が続くようになりますね。


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »