フォト
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

PixInsightだけで仕上げる

20170131
星見櫓で最初に撮影した画像を、今年の目標、PixInsight(PI)だけで仕上げてみました。

最近覚えたMaskedStretch(MSt)とLocalHistogramEqualization(LHE)も積極的に使ってみました。MStはこの手の星だらけの画像では使いづらいのですが、輝星の飽和部分を小さく出来るのは魅力的なので、試行錯誤してみました。MSt画像から星マスクを生成して通常画像と合成する事で微光星の肥大化を抑えられました。

LHEは散光星雲の場合、ほんの隠し味程度にしないと大変な事になってしまいます。仕上げの段階で、ほんのちょっとだけ使えば十分なようです。色々試してみましたが、わざわざL画像を作らなくても、RGB画像のままでも副作用は無さそうです。

微光星が沢山ある領域ではHistogramTransformationでレンジを切り詰めすぎると微光星が煩くてどうしようもなくなるので、適当にマスクを使いながらCurvesTransformationで仕上げないと駄目なようです。

New1
等倍で見るとこんな感じです。背景の画質はTGVDenoiseで良好です。相変わらず星が煩いですが、微光星も明るい星もそれなりに綺麗に出来ました。星の飽和しない部分はMStの効果も出ているのか、しっかり色が乗っていますが、青はレンズの影響もありそうです。

問題が無い訳ではなく、星雲の明るい部分では星の周辺が僅かにアンダーになっています。フォトショップではこれを防げるのですが、PIだけで何とかなるでしょうか。

2017年1月30日 (月)

西蒲原平野

20170129_094133
*
日曜日の午前中、良いお天気だったので、野菜を買いに行きました。
西蒲原の雪は大分融けていましたが、これで終わりという事はないでしょうね。
*
三条の直販場、ついでに巻のケーキ屋さんをまわりました。私だったらナビをセットしないと行き着けませんが、西蒲原から県央はかみさんのホームグランドなので運転はお任せ。のんびり景色を見て、スマホで写真を撮ったりしていました。
良いドライブでした。
20170112_152739
で、買ってきた菜っ葉は、こいつの餌になるわけです。

2017年1月28日 (土)

赤いトラクタ~っ

Dsc_8369
トラクターにロータリー除雪機を付けて、地区住民センターを除雪しています。

昔、小林旭さんが歌う「赤いトラクタ~・・・」という歌がヤンマーのコマーシャルで流れていましたが、実際赤いトラクターはかっこ良いです。最近は後輪がキャタピラだったりしますが、やはり大きなタイヤが良いですね。下手なスポーツカーよりハイテクで値段も高いみたいです。

いろんなパーツを付けて使えるなんて「萌え~」って感じです。

Dsc_8355
雪のむじな川

これくらい川幅があると、完全に埋もれてしまう事は無いと思いますが、小さな用水路は完全に雪の下なので、踏み抜くと危険です。

Dsc_8364
竹林は雪が少ないようです。奥の方の竹は皆雪の重みでしなってますね。どの竹も林の外側に向かってしなっていて、内向きに倒れている竹はありません。

Dsc_8368
こんな感じですね。

2017年1月27日 (金)

もがく

Dsc_8352
酷い状況の時には全部と向き合わず、一つ一つに集中して処理していくと多少気分的に楽です。昨日は一日もがいていた感じでしたが、泥沼から抜け出す光が見えたような、見えないような・・・

夜になって、海の家では星が見えましたが何もせずに大人しくしていました。古屋君の辺りが晴れている保証がなかったのと、休日はなるべく星を撮らない事にしているので無理をしませんでした。一月唯一のチャンスだったのかも知れませんけどね。

2017年1月25日 (水)

散々な日々

Dsc_8277
先週から散々な日々が続いています。

土日は、母の腰痛やら、木曜日に買ったテレビの調整に振り回されました。母のマンションの端子が悪いのではなく、SO○Yは年寄りに優しくない・・・

大雪は仕方ないとして、月曜、火曜と夜の会議やらなんやら。何もこんな時にね・・・

その上、昨日、今日と職場のパソコンが次々不具合。今日の分は復旧できましたが、昨日壊れたパソコンは明日の休みに直さないと・・・

でも、明日は・・・

てな感じで、散々なんですよ。

2017年1月21日 (土)

この世の終わり、みたいな

Img_9828

19日から胎内スキー場のナイター営業が始まりました。水曜日はお休みですが、後は毎日営業するようです。

昨日は仕事終わりに行こうと思っていたのですが、生憎のみぞれ。雪なら行ったのですが、みぞれとか雨ではね・・・。

そんな訳で星見櫓から曇天のナイターを撮影してみました。左が胎内、右がニノックスだと思います。こんな恐ろしい光景になるとは思いませんでした。

絶対、何かしらゴジラっぽいモノが出てくるとか、隕石が落ちたとか、日本沈没とかの一場面です。

2017年1月18日 (水)

雪の散歩道

Dsc_8324
スクールバス集合場所の看板がある建物。雪で屋根のたわみが良く分かります。除雪されていない所をみると、集合場所としては使われていないようですね。

Dsc_8327
雪が降る前に下見した高圧線に邪魔されずに飯豊連峰を撮れる場所へ行こうとしましたが、心配していた通り除雪はここまででした。先に進めません。実際撮影チャンスがあったら、ここまで車で入って、後は徒歩で行ける所まで行くしかないですね。高坪山を凍み渡りするよりは楽ですが、まだ地形が頭に入っていないので、危険は危険ですね。水路が多かったように記憶しています。

Dsc_8325

振り返って一枚撮ってみました。東側はギリギリ民家を避けています。スキー場が正面なので、やはりあと100m位は西に移動したいですね。


2017年1月17日 (火)

冬型は緩み、

Dsc_8276
先週末に襲来した大寒波はようやく峠を超えて徐々に緩んでいるようです。まだ雪がチラつきますが、そんなに積もることは無いでしょう。

Dsc_8283
樽ヶ橋遊園の鹿、脇の道路を通ったら全員の注目を集めてしまいました。

あまり寒そうな感じはしませんね。

Dsc_8310
今朝はちょっとだけ、日射しもありました。

2017年1月16日 (月)

先生と迷い猫

New1

主演のイッセー尾形さんではなくて、亡くなったおくさん役のもたいまさこさん。

あえてこっちの写真。

観ている時は7,8年前の映画だと思っていました。実は2015年製作と結構新しい映画だったようです。私は猫があまり好きではありませんが、映像で見ている分には可愛いですね。

最後、亡くなったおくさんの回想シーンでの、もたいまさこさんが良かったです。

New2

これもそれほど古くない2014年の映画です。

凄い山奥なのに、結構元気な村が描かれているのが良いですね。現実には林業だけで若者を村に繋ぎ止めて置く事は難しそうですけど、林業は過去と未来をつなぐ産業なんですよね。小さな島国の日本では、もっと大事にしなければならない産業なのだと思いました。

この映画のクライマックスは「これで良いのか!」って感じですが、それはそれとして面白かったです。

週末は大雪のセンター試験、受験生とその家族、試験会場を運営する主に大学職員の皆さんのご苦労を思いつつ、炬燵でぬくぬく映画を観られる幸せを噛み締めておりました。

2017年1月15日 (日)

太陽光発電

20170115_143125
近所の太陽光発電パネルです。今日は昼間も氷点下なので積もった雪が融けません。時折日差しも射すのですが、パネルに雪が乗っていると効率悪そうです。晴天率が全国最低争いの新潟で、採算取れるのでしょうか?
風力発電の風車が近所に建つのも物騒な感じがするので、太陽光パネルはお手軽なのかもしれません。
20170115_143630
こんな風に青空も見えますが、数分後には霰が降ったりして、変わりやすいお天気でした。
大雪の峠は越えましたかね。
20170115162221
 
それで今日のおやつ。胡桃たっぷりの焼きたてパンに自家製カスタードクリームを付けて。
寒い日の散歩の後は甘い物、ですね。

2017年1月14日 (土)

雪国

Dsc_8270

やっぱり新潟は「雪国」なんですかねー

久々の大雪で、なんとなくワクワクしてしまいます。今朝も早起きして、意味もなく家の周りを除雪してしまいました。

古屋君の屋根には既に1m近い積雪がありますが、「50年大丈夫だったんだからね!」という私に、「50年OKでも、51年目には潰れるかもしれーないー」と歌う妻でした・・・

20170114_064647
星見櫓も夕べ除雪したのに、今朝はこんな感じになりました。

20170114_064712
雪が止んだら、雪見酒ですね。今朝の外気温は氷点下2度、あまり寒くならないのが、唯一新潟の良い所かな。

2017年1月13日 (金)

大寒波

Dsc_8266
週末まで冬型のお天気が続くそうです。

センター試験の頃は毎年荒れますね。

Dsc_8263

今朝、古屋君に行って見ると、家の前をご近所の方が除雪して下さっていました。除雪する間路駐せずに、車を入れる事が出来るので本当に助かりました。ありがとうございました。

今回の雪でスキー場も営業できるでしょうか。

2017年1月12日 (木)

青の三百

夕べ、介護体験実習中の娘から、
*
*
*
娘:「体験はじめて、青の三百とか覚えちゃったよ」って、LINE
私:「青の三百って、何???」
*
*
*
娘:「古すぎて知らないか・・・」
*
*
*
家内:「??????」
*
*
*
娘:「ふんふんふーーーん(鼻歌)」
私:「がははははっ!」
*
New1
 
それって、「青い山脈・・・・」
*
入所してらっしゃるお年寄り達と一緒に「あーおいさんびゃーくー」と歌う娘を想像してお腹の皮がよじれました。
*
全く畑違いの分野を、ほんの数日体験して何がどうなる訳ではないでしょうが「青の三百」を忘れる事はないでしょう。
*
*
 

2017年1月11日 (水)

LHEを使う

New1
ここ2年間、あまり積極的にPixInisght(PI)を使いこなしていなかったので、「今年の目標」に向かって再勉強を始めました。

クリスマスツリー星団を処理していて面倒だった点は、なんと言っても赤い散光星雲のコントラストの低さです。構造という物が殆ど見えません。フォトショップでもそれなりの処理はありますが、PIではLocalHistogramEqualization(LHE)が用意されています。昔はWavelet関連のProseccを駆使する方法が解説されていましたが、LHEを使うと非常に簡単にL画像のコントラストを向上させて星雲内部に潜んでいる構造を炙り出す事が出来ます。

KernelRadiusは小さいと効果的だがノイズが目立つので、32-128程度で試行錯誤

ContrastLimitは1.0では変化なし、1.5-3.0程度でなるべく小さな値で試す

Amountは、クローンを作ってそれをマスクにすれば1.0でも使えるようです。

ちなみにLHEはnon-Linearの画像が対象です。デジタル一眼の場合、まずLab分解でL画像を作っておいて、最終的にLRGB合成すると良いでしょう。RGB分解してR画像に対してLHEを使う事も可能ですが、カラーバランスを崩さないように気を使って何度もやり直すならL画像を使う方が気が楽でしょう。

2017年1月10日 (火)

子どもの成長

Dsc_8217mini

父と入れ替わりでこの世に生を受けた次女が成人しました。私の母と娘の記念写真を撮りながら20年という時の流れの速さを感じました。過ぎ去ってみれば本当に一瞬でした。長女の時はそれほど感じませんでしたが、今回は「任務終了」という感慨ひとしおです。

20161204_104823mini_2
先日、十代最後の一人旅に付き合わされた時も(訳がわからん・・・)、これは私の一生で唯一の時間と思いながら歩いていましたが、思い起こしてみればこの二十年間のどれ一つ、もう一度体験する事は出来ません。

星は毎年巡って来ますが、子育ては一度きり。当たり前の話ですが、ここまで来て見て実感できました。



2017年1月 9日 (月)

画像処理2017

2017年、本格的に撮影再開出来る環境が整ったこともあり、私の画像処理を整理してみたいと思います。
私はモノクロCCDでも、デジタル一眼の画像でも、前処理(PreProcess):ダーク減算、フラトット補正、(Debayer)、アライメント、コンポジット、はPixInsightのBatchPreProcessing(BPP)の自動処理で満足しています。特に最近はSubframeSerectorがあるので、星像や画質の悪い画像を除外出来るようになりました。Alignmentの精度、Integrationのクオリティーも相まって、以前にも増して前処理の信頼性が増したと思っています。
気に入らない場合でもBPPは各段階の処理画像が全て保存されているため、どこからでも専用Processを使って再処理可能なのが優れた点だと思います。
*
どうやらステライメージのVer.8に、この機能が搭載されるようですね。これは楽しみです。
*
Image1
*
 
 
PIのBPPが終わると、デジタル一眼の場合、こんな画像が出力されてきます(レンジを切りつめて見えるように処理しています)。
ここからホワイトバランスを整えて、人間の目で見えるようにレンジを切り詰める作業が「画像処理」と言われています。
*
私の中ではPIで、ほぼ機械的に行う作業と、
*
 
Light_binning_1_integration_abe
*
 
そこからTiff形式で出力した画像をフォトショップで仕上げる2段階となります。
*
 
20161222_seagull_21
 
*
 
(私としての)完成がこんな感じになる訳ですが、理想的にはフォトショップを使わずにPIだけで最後まで処理出来ればよいと感じています。理由は様々ですが、最も分かり易い点は16Bit固定階調のTiff画像での受け渡しが主になることです。一旦Tiffにしてしまうとデータとしての自由度がなくなってしまいます。あと、フォトショップは30年近く使っていますが、クリエイティブで芸術的なニーズにも対応するソフトで、何でも出来るという欠点?があります。
*
 
遠方の銀河などでは、対象がニュートラルグレーの背景に囲まれていて、デコンボリューションやHDRなどフォトショップにはない強力なプロセスも用意されているPIで、最後まで仕上げる事が容易な場合も多々あります。銀河内の散光星雲などは「背景」という拠り所が極めて少ないので、最後はフォトショップでの感覚的処理に頼ってしまう事になっているのが現状です。この画像でも赤い散光星雲を取り巻く周辺は、ニュートラルグレーの宇宙ではなく、無数の星々と赤く淡いガスが散乱する領域と暗く濃いガスが溜まった暗黒帯です。ここに平坦な背景を求める事は出来ません。拠り所がない画像では、どうしても感覚処理に強いフォトショップが使いやすく感じられるのです。
*
この辺がまだPIの使い方で工夫が足りない点と感じています。そこで、今年の目標としてフォトショップからの独立を目指したいと考えました。
*
20161222_seagull_4
*
参考のために無理やりPIだけでやってみました。今の技術ではこのような感じです。PixInsightだけで仕上げるための試行錯誤にもっと積極的に挑戦していこうと思います。
 
 

2017年1月 7日 (土)

現実世界に帰還

Dsc_8178
熱が下がってからも、まだ何となく頭がクラクラするような状態が続いていましたが、今朝はかなりしっかりしてきました。

スクールバスの集合場所となっていますが、今にも崩れそうで心配です。

Dsc_8186
雪が降る頃に残っている柿の実は色鮮やかになりますね。

Dsc_8196

今の所、古屋君の周辺で雪は殆ど積もっていません。遠くに見えるスキー場は白く区別できますが、まだまだオープン出来ないでしょう。

山が真っ白になるくらい降らないとねー

20170107121048
餌箱の中に入って食べる心境って、「プリンのプールで泳ぎたい!」とかと一緒?







2017年1月 6日 (金)

あけましておめでとうございます

Dsc_0287

ちょっと遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

年明けは家庭内パンデミックで写真を撮るどころではありませんでした。仕方なく数年前に撮ったお地蔵様の写真を引っ張り出してきました(ひょっとしたら以前使っていたかもしれませんが、結構気に入っているので)。

発端は長女で2日に発熱、私は3日朝に発熱し、その夕方には次女が発熱、次々と寝込む事になりました。3人とも熱は結構出ましたが上気道の症状だけだったので、薬を飲んで大人しくしていたら、4日朝には長女、5日朝には次女、私も5日の午後には回復しました。

ようやく今日、平常通り仕事を始める事が出来ました。とんだ年始めになってしまいました。お正月一緒に過ごした私の母も喉が痛いと言っていましたが、それだけで済んだようです。

かみさんだけは何ともなかったのが幸いでした。全滅していたら今こうしてブログを更新する事も無かったかもしれません。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »