フォト
無料ブログはココログ

« 引越し | トップページ | 水族館 »

2017年3月18日 (土)

PixInsightのカラーキャリブレーション

New1_3


PIのカラーキャリブレーション(CC)はPIの根幹的なプロセスの1つです。非常に有効で使い方によっては客観的で再現性のある処理を行うことが出来ると思われます。最近のリファレンスを参考に使い方をまとめたいと思います。

*

使用条件

1、CCを行う画像は、ダーク減算、フラット補正を行ったリニアデータであること

2、カブリ補正を十分に行い、DBEやABEで背景を均等化してあること

3、Backgraound Neutralizationは必須ではないが予めやっておいた方が良い結果をもたらす

*

モードの意味

1、レンジセレクションモード

近くにある渦巻き銀河に用いる。遠方銀河では赤方偏移の影響があるので好ましくないそうです。

 galaxies should have the following properties:

  • Closer than 50 mpc
  • Hubble classifications Sa, Sb, Sc, Scd, SBa, SBb, SBc or SBcd
  • Inclination less than 60 degrees
  • Integrated intrinsic intergalactic and galactic reddening < 0.5 mag in Johnson B

 だそうです・・・

*

2、ストラクチャーディテクションモード

 選択領域内の恒星を用いるモード、1以外の場合全てこのモードを使います。デフォールトでチェックされています。

*

*

ホワイトリファレンス

・リファレンスイメージ

 空欄(対象画像全体を使用)か、領域を選択する。

 領域選択の場合リージョン オブ インタレスト(RoI)を用いた方が有効な場合が多い

・ストラクチャーディテクション

 銀河内の星雲などはレンジセレクションモードには対応していないので、天の川銀河内の対象(散光星雲等)に用いる場合はストラクチャーデテクションをチェックした方が良いと思われます。レンジセレクションモードは前述の対象に用いるべきですが、結果オーライと言う事もあるので試して悪いと言う事も無いと思います。基本、恒星を用いる方が安定した結果になります。

※私見ですが、散光星雲などでCCを用いる場合、赤と青が混在する領域を使うとレンジセレクションモードでも良い結果になる事があります。また、用いている光学系に収差があると恒星を用いるストラクチャーデテクションでは思うような色調にならない事があります。

*

*

バックグラウンドリファレンス

・空欄(対象画像全体を使用)か、領域を選択する。

 領域選択の場合リージョン オブ インタレスト(RoI)を用いた方が有効な場合が多い

基本的にノイズの少ないニュートラルグレーの領域を選択すべきです。画像周辺に自信が無い場合は画像全体でなく、良好な領域を選択して使用すべきです。解説にはこの時RoIを用いた方が良いとなっていますが、具体的な理由は記載されていないようです。

« 引越し | トップページ | 水族館 »

天文」カテゴリの記事

コメント

モモちゃんの日常って私と同じだわhappy01などと和んでいる場合ではありませんでしたcoldsweats02

先日の記事は主にSI調整について書くつもりが、途中で「なぜPI調整を試してみないのか」と気が付いて急遽書き足したので、非常に中途半端な検証になってしまいました。特に使用条件の2ですね、御指摘あるかと思っていました^^;

この記事を拝読しながらDBEを介してCCを行ってみましたら、妥当な色調になりました。不規則銀河だからかでしょうか、Structure DetectionのチェックをOn/Offしても左程変わらなかったです。

(あの記事は誤解を招いてしまうので、とりあえずPIの部分だけ削除しましたが、こちらの記事をリンクさせて頂いて宜しいでしょうか)

kさん、おはようございます。あまり本格的な内容ではないですが、どうぞご自由にリンクして下さい。

PIのCCはリファレンスを読む限り、当初より製作者の思い入れが感じられなくなっています。私は好きなんですけどね。

kさんの画像のような場合、Structure Detection(SD)をチェックするなら、出来るだけたくさん画像内の恒星を選択した方が良いのかもしれません、ハリーさんも最近のチュートリアルでも当初はバックグラウンドリファレンスに使っていたPreviewAggregatorを、恒星集めに使っていました。

現状ではレンジセレクションモードは、結果が良ければ採用、という使い方しか出来ない感じですね。SDモードは沢山の恒星が選択されていれば画像を選ばず比較的客観的(な感じがする)な結果になるような気がします。

ももは最近小動物用のヒーターの上で伸びれるだけ伸びて寝ています。お腹が冷えるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538386/65029783

この記事へのトラックバック一覧です: PixInsightのカラーキャリブレーション:

« 引越し | トップページ | 水族館 »