フォト
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

ちょうし良いです

20170429_153148

金曜の夜は、明日から連休のうえに快晴‼

星屋さんには絶好の条件に後ろ髪を引かれつつ、新潟を後にして人気最下位の茨城県にやって来ました。そして、こんな縁でもなければ絶対訪れないだろう銚子まで足をのばしてランチを食べようということになりました。高速道路を降りてから、50km程川沿いの道を走って河口に出ると、そこは銚子港、新潟とは一味違う(そう思いたい❗)お魚をお腹一杯食べて、またトロトロ走って帰って来ました。

筑波は夕方雷雨となり、洗濯物が心配な娘に急かされましたが、農繁期の軽トラックは皆ゆっくりなんですね🎵幸い風向きのお陰か、そんなにびしょびしょにはならなかったようです。

かみさんと車を残して、私だけ今晩の新幹線で新潟に帰ります。入れ替わりで金沢の長女が、泊まりに来て連休後半には全員新潟と言う慌ただしいスケジュールです。

2017年4月28日 (金)

ホーホケキョ

Dsc_8957
鶯の鳴き声を聞くと、こんな風景が浮かんできます。梅や桃が咲く薄ぼんやりした春の風景より、きりっとコントラストの効いた紫外線指数の高そうな風景なんです。過去の経験からだと思います。

ゴールデンウィークが始まります。例年通り細々としかもびっしりと予定が入ってしまいました。のんびり長期の旅行というのは性に合わない家族の計画という感じです。ウサギも居るので長期間家を留守に出来ないという事もありますけどね。

1493335713518_2
でもって、三つ葉のプランターにうっとりするウサギ。

1493336850840

この後一日プランターの番をしてましたとさ。誰も通さない決意が滲み出ています。


2017年4月26日 (水)

トラツグミの鳴く夜に

Dsc_8949

youtubeでトラツグミの鳴き声を見つけてリンクさせてもらいました。

https://www.youtube.com/watch?v=z83rklgSn9M

昨夜は夜になっても暖かく、お風呂上りに家の周辺を散策したのですが、聞きなれない高い音が聞こえます。口笛のようでもっと甲高くてか細い音です。これが伝説にも登場するトラツグミでは?と検索してみると間違いないようです。確かに真っ暗な山でこの音を聴いたらビビリます。

その後星見櫓でしばらく鳴き声を楽しんで、フラットを撮影して寝ました。分かって聞いていればヒーリング効果の高い鳴き声だと思うのです、いかがでしょう。

で、25日の1時頃から薄明まで撮影したM8、干潟星雲をとりあえず処理してみました。

Light_binning_1_integration_abe
酷い構図ですね。何でこんな事になったのか理由は分かっているので、次回南天を撮る時には大丈夫だと思います。

画質は前回のさそり座散光星雲よりかなり良いので、霧の影響は低空だけですんだようです。問題はピント合わせで、低空で霧があるうちにピントを合わせてそのまま放置撮影しながら寝てしまったのでかなり甘いです。最初の30分くらいは捨てているので、出来れば1時半過ぎにピントを合わせればもうちょっとましな星像になったと思います。でもその頃は既に夢の中だったので・・・

125SDはしばらくこの組み合わせで使ってみます。

2017年4月25日 (火)

天の川桜、無念

Dsc_8925
日曜、月曜と晴れが続きました。恐らく日曜日がベストだったのだと思います。夕方新発田での会議に向かう前に飯豊の夕映えを撮り、万が一帰ってきて晴れていたら撮影しようと決めて出かけました。そろそろ残雪の中に鯛形が見えてきました。田植えですね。

F_dcim_103nd800_20170424
帰ってきたのは22時。まだ晴れていたので、星見櫓にBorg125SD+F4DG+EOSkissX7を出して、干潟星雲が撮影高度になるまで、天の川桜を撮影に出ました。去年オリオン桜を撮った時に深夜ならこの方向で天の川桜が撮れそうと思っていた胎内川の土手付近です。

残念ながら霧でどうにもなりませんでした。星が滲むほどなので天の川がはっきり写りません。桜も先日の強風で大分傷んでいるようです。試し撮りをして早々に撤収しました。また次の機会を待つ事になりますが何年先でしょうね。2021年が若干月明りが残っていてベストなんですけどね。

今回は地上90秒固定撮影、空90秒ガイド撮影の2枚合成です。

星見櫓での干潟星雲は、初めての組み合わせでの甘いピント合わせと、南天の対象を撮り慣れていない中途半端な構図で残念な結果ですが、寝ている間に撮影されていた70枚程は霧の影響が少ないので、フラットを撮影したら処理しようと思います。

Img_7562
Borg125SD+F4DG、EOSKissX7改造機(冷却なし)、ISO3200、90秒、1枚

CameraRAWで現像のみ

これを生かすには三裂星雲を撮影してモザイク合成するしかないです・・・

2017年4月24日 (月)

大野の朝市

20170423_083541

日曜日は新潟市西区大野町の朝市に行ってきました。一度も行った事が無かったのですが、たまたま案内の広告を見つけたかみさんに誘われて出かけてみました。

街中の商店街の駐車場に車を停めて、中ノ口川の土手下の道に出ると露店が並んでいまます。春なので苗を売るお店が多かったのですが、野菜や果物を売るお店も何軒かありました。全部が地場産という訳ではありませんが、お店のオジサンが面白くてついつい沢山買ってしまいました。台湾産のバナナに関しては、さすがに「ここで?」と思いましたが、まあ勢いですね、買い物は・・・

一軒だけ衣類を売るお店がポツンとありました。

20170423_084847
こんな感じです。

買ってきた竹の子、スナップエンドウとアスパラで春野菜パスタのランチを食べ、予告犯、ブレード3、シティー・オブ・エンジェルを観て、良い休日でした。夜も快晴で絶好の撮影日和でしたが、家でのんびり過ごしました。今日も晴れ予報ですが、夜は会議です。最近どうもめぐり合わせが悪いですね・・・


2017年4月22日 (土)

むじな川を辿る 最終回

Dsc_8905

前回の地点から下流に下った橋の上から上流方向を見ると、むじな川の脇にこんな物がありました。今は水が流れていませんが、何のための構造でしょう?

Dsc_8921
下流はかなり速く流れているのが分かります。この先いよいよ胎内川に沿ったR53号線に出ます。

Dsc_8920
R53のこの橋の下を通って胎内川に合流する事になります。残念ながら両岸に河川に出る側道がありません。

Dsc_8919
橋から撮影してみましたが、肝心の合流点が見えません。

そこで、

Dsc_8913

ちょっと下流にある川(河川名が分かりません)沿いの道をと通ってR53をくぐり、胎内川本流まで出てみました。

Dsc_8923

むじな川より水量はかなり少ないですが、しっかり砂防ダムが設置されているので、大雨の時には大量の水が流れるのでしょう。

で、肝心のむじな川と本流の合流点を探して上流方向に歩いてみると、

Dsc_8922

この先のはずですが、道がないので進めません。残念ながらここからでは、橋の上から観た勢いの良い流れは確認できませんでした。

そこで職場に着いてから、Googleマップをみてみると、

1
私は黄色い○のポイントから、赤矢印の方向を見ていたようです。どうやらむじな川が胎内川に流れ込む部分に大量の土砂が堆積しているような感じです。これが血管ならばアテローム血栓症で脳梗塞間違いなしの状態です。

上流に大きな砂防ダムがあるにもかかわらず、これだけの土砂を運ぶむじな川、恐るべし!です。

4回に渡ってむじな川を追跡しましたが、小さな川の探検は面白いです。この川の名前も普通の地図やネットでは確認できず、道路沿いに立っているたった一枚の看板に記されているだけです。道路を車で走っているときは気にも留めない小さな川でも、その全貌を明らかにするのは大変な事だと実感しました。

夏休みの自由研究にお勧めのテーマかもしれませんが、夏場は雑草とか虻とか大変かもしれませんね。

2017年4月20日 (木)

葱坊主

20170420_144324
*
二度の強風で近所の桜はあっという間に終わってしまいました。その点、葱坊主は風に強そうです。元気に花を咲かせています。
*
胎内川の土手の桜はまだ残っているでしょうか?
予報では明日はちょっと晴れそうな感じです。
*
New1
*
そんな訳でおとなしく撮り溜めた映画なんかを観ていたのですが、「DEADPOOL」ひどい映画ですね。良い子の皆さんは絶対見てはいけない気がします。正義の為なら悪党(の手下)が何人死んでもかまわないという考え方もどうかと思いますが、この映画は更にまずい気がします。ジョンウィックなんかと同じ感じでしょうかね。途中X-MENのメンバーからお前もヒーローになれと誘われる辺りが、笑えなくもないですけど。
 
私はアメリカンコミック物はあまり詳しくないですが、この映画に限らずアベンジャーズとか、1人で活躍していたヒーローを寄せ集めて映画にする作戦をとっていますね。低迷する日本の時代劇も時代考証とか無視して何人か寄せ集めて作ったら面白くなりませんかね。
権力に物を言わせて解決する水戸黄門、優秀な配下を使って犯人を追い詰める長谷川平蔵、自分の剣術のみを頼りに一人敵地に乗り込んで殲滅する桃太郎侍。この3人を召喚したら結構面白そうだと思うのですが・・・

2017年4月18日 (火)

むじな川を辿る その3

Dsc_8897
大好評企画(なのか?)むじな川を辿る、今回は古屋君から下流に進んでみようと思います。

何の事はないいつもの散歩道の脇を流れているのが「むじな川」です。

Dsc_8899
去年の秋に見つけた橋から先は道路と離れ、高坪山の裾に沿って流れていきます。

Dsc_8900

全く見えませんが、点在する民家の脇を通って何本かの支流と合流しながら下流へ向かいます。

これを高坪山側からみると

Dsc_8908
こんな感じで、やはり何処を流れているのか分からない程目立たず、田んぼの用水路としか思えない状態です。

この辺りには鎌倉時代から南北朝時代に作られたと言われる板碑があります。当時の武士が作ったとされています。

Dsc_8910




再び道路と交わる地点では

Dsc_8901
ちょっとだけ水量が増えているようです。

この先、いよいよ胎内川と合流する事になります。むじな川の詳しい情報は検索しても出て来ないので、GoogleEarthで適当に測ってみたところ、恐らく3km程の短い川です。古屋君から下流1km程度で胎内川と合流しています。

私は山男ではないので、砂防ダムより上流を辿り「最初の一滴」を探す事は止めておいた方が良さそうですね。次回胎内川のとの合流をもって、この企画の最終回としたいと思います。

2017年4月17日 (月)

白山公園

1492384564849
昨日は暖かくて新潟市内の桜も満開ということだったので、母と白山公園を散歩してきました。去年山菜採りで捻挫して、このまま歩けなくなるかと心配しましたが、またしても脅威の回復力で2キロ程の道のりを難なく歩けるようになりました。

20170416_104732

西堀通りにあるお寺の狛犬ならぬ象?時々通る道ですが、今まで気が付きませんでした。

今日はかみさんが一日用事で出かけていたので、夕方近所の公園を散歩しました。

暇な爺さんは、散歩くらいしかやる事がありません・・・

20170416_162308

閑散とする近所の公園。まだチューリップには早いですね。

奥の桜並木の方はお花見を楽しむ人が沢山いらっしゃいました。


2017年4月16日 (日)

墓標

20170415_151526_4
昨日土曜日は、仕事をお休みにして伯母の納骨に参列しました。
父方の従弟は関東で生まれ育っているので、祖母が亡くなり実家を整理して以降、新潟に残っているのはお墓だけになってしまいました。
それでも私は小さい頃、従弟達と海に行ったりボーリングをしたり、一緒に過ごした経験がありますが、従弟の子ども達と私の子ども達は殆ど面識がありません。
新潟で生まれた多くの人々が東京に出て行った高度経済成長期以降、いよいよ地方と首都圏の関係は希薄になってきたように感じます。叔母は新潟を故郷と思っていたと思いますが、従弟達、そしてその子ども達の故郷は既に新潟ではありません。
なんだか寂しいですね。
お墓の近くにあるNext21も主要なテナントが撤退し、殺風景になっています。遠くない未来、砂にのまれた新潟で、このビルの先端だけが墓標のように突き出している光景を想像してしまいました。
 

2017年4月14日 (金)

今年の加治川治水公園

Dsc_8868

実家通勤をしていた去年と一昨年は毎日のように通っていた加治川治水公園。今年は週1,2回になりました。今日はお天気も良かったので通勤途中にちょっと車を停めて写真を撮りました。

Dsc_8884

まだ3,4分咲きでしょうか。去年、一昨年より遅めの開花となっているようです。見頃は今週末から来週にかけてでしょうかね。

Dsc_8877
朝早くから公園整備の方がお花見客に備えて?遊歩道の整備をしてらっしゃいました。
照明器具も準備されていたので、今日からライトアップかもしれません。

2017年4月12日 (水)

空の良し悪し

Img_73282
先日、さそり座方向の高度が上がるのを待つ間に撮影した白鳥座の散光星雲です。

撮った分だけで画像処理してみました。

Light_binning_1_integration_abe

CanonEOS X7改造機(冷却なし)、Nikkor 58mm(F1.4) F3.2程度、露出90秒、ISO3200
6枚コンポジット、スカイメモRで自動ガイド

手前の木のはガイド撮影画像の1枚を合成してあります。こうすると木が写る低空である事が分かりますが、ガイド撮影との違和感もさほど感じません(か?)。

この高度にもかかわらず合計わずか9分でこの写りですからこの方向の暗さが良く分かります。

Scorpio20170405_21

CanonEOS X7改造機(冷却なし)、Nikkor 58mm(F1.4) F3.2程度、露出90秒、ISO3200
54枚コンポジット、スカイメモRで自動ガイド

この後撮影した南方向は、川の影響もあり低空の霧が濃く、また若干空が明るいので東側と比較すると条件が悪るかったようです。

New1

同じ機材で6枚(左)と54枚(右)ですが、同程度に強調した状態での荒れ具合を比較すると、あまり差がありません。9倍の露出をかけてもやっと同程度といった感じでしょうか?

空の良し悪しが画質に大きく影響する事が分かります。あるいは短時間露出多数枚撮影の欠点は空が悪いと顕著に出るのかも知れません。

ちなみに、良い空で十分な露出を行うと

New2
180mmF4, 71枚コンポジット、露出90秒、ISO3200

若干撮影条件は異なりますが、前者と同様に強調した画像はこのようになります。

2017年4月11日 (火)

月夜

Dsc_8857
昨日は仕事が終って外に出ると、ちょうど月が出てきました。

日が長くなりましたね。まだ明るいです。

Dsc_8863
夜は星見櫓で、月見酒と洒落込みました。前回よりは暖かくのんびり月見が出来ました。

人間の眼だと飯豊にかかる電線は無い事に出来るのですが、写真にはしっかり写ってしまいます。櫓があと2m高ければ・・・

Dsc_8865
櫓から見た高坪山の南西斜面です。月明りは何となく太陽とは違いますね。神秘的な感じがするのは何故でしょう。奥に見える杉林の手前にむじな川が流れています。雪融けで水量が多いのか、水音が聞こえてきます。

目立たないですが、左側の山桜が満開です。その隣が柿、そして右が栗、どちらも熊のご飯です。

熊は桜を観に来ないので(たぶん)、春物は地面でちょっと撮影して、秋は星見櫓から降りない方が良さそうです。

2017年4月10日 (月)

Dsc_8834

散歩の途中で見つけた木。先端に行くほどどんどん枝分かれして、しかも全体として非常にバランスの良い形。

すごいですねー

強風に雨が混じって、酷いお天気でした。今度は青空の日に撮影してみようと思います。

2017年4月 8日 (土)

梅は咲いたけど

Dsc_8850
職場近くの梅の花がようやく開きましたが、今日は冷たい風が吹き付けて寒い朝です。

Dsc_8847
今年は梅も桜もちょっと遅めのようですね。


2017年4月 7日 (金)

廃材処理完了

20170407081206
去年切ったケヤキの切り株を残して綺麗さっぱり無くなりました。UFOの残骸は陰も形もありません。上の農場用地と、これ程はっきり境界が作られていたとは知りませんでした。

20170405_124924
ビックリするような廃材の山でした。

次は防草作業です。しばらくはここに機材を出して撮影してみようと思います。最初のルーフ計画より地面が低い位置になってしまったので、東側が古屋君、南側が電線に遮られて視界が確保できません。

とは言っても、ここに鉄筋2階建て相当の観測小屋っていうのは、余程の事が無い限り実現出来ないでしょう。

2017年4月 6日 (木)

昇る天の川

Dsc_8819
*
雪が積もっている内にチャンスがあったら、ここから昇る天の川を撮影しようと思っていた場所です。既に雪は無いので来年に向けての試し撮りです。左側木立の上に天の川がうっすら見えていますが、もっと開けた風景の方が絵になりそうです。
*
もう少し西側に移動してポイントを探そうと思います。正面のLED街灯は光源としては明るいですが、さほど天の川の妨げになっていないような気がします。
*
そろそろ桜星景、天の川桜のロケハンをしなければいけません。今年は桜が満開の時期に月の出が遅いので絶好のチャンスかもしれません。

2017年4月 5日 (水)

遅かりし、天の川

20170405_3


NikonD800, ISO3200、Nikkor14-24mm(F2.8)F2.8、14mm、30秒露出、固定撮影

お、そ、かぁ~りしっ、由良之助~ぇ!、て感じです。ようやく天の川を撮る事が出来ましたが、既に地上に雪はありません。これではね・・・

飯豊はまだ白いですが、霧で低空の透明度が悪く良く見えません。

星見櫓でも月が沈んでから2時間ほど撮影しました。さすがに直焦点をやる元気はなかったので、スカイメモで放置撮影にしました。

Img_7328

試し撮りの1枚画像、RAW現像のみ。画像処理なし。この辺はまだ早いですね。本命は60枚程撮れたので、しばらく画像処理で楽しめそうです。

撤収前にちょっとだけ天の川を撮影してみました。DXサイズの対角魚眼のフードを切って、FXで撮影し2枚を合成して全周魚眼にしてあります。

20170405_2

NikonD800, ISO3200、Nikkor10.5mmFisheye(F2.8)F4、30秒露出、固定撮影、2枚合成

3月に撮影する事が出来なかったので、雪景色の天の川は来年までお預けです。

2017年4月 4日 (火)

むじな川を辿る その2

Dsc_8797
前回、雪で引き返したむじな川を再度遡ってみました。

支流が合流している所を右に登ります。前回は105mmマクロレンズだったので、この合流を撮れませんでした。

Dsc_8801
前回は雪で道がありませんでしたが、1週間で大分融けました。

現れた道を進み砂防ダムを目指します。

Dsc_8813

落葉の道をどんどん進むと、

Dsc_8802

ありました。マップで確認した砂防ダムです。

Dsc_8811
砂防ダムから見た下流方向。意外と登っています。

Dsc_8808
そして、上流方向。水が貯まっていると写真として面白かったのですが、だた川が流れているだけでした。確かに古屋君はこのダムに守られているようなものなので、水が満杯ではかえって心配ですね。

Dsc_8816
やはり、橋は沢山かかっていますが、向こう側は殆ど杉林です。営林のためにかけられた橋なのでしょうか。

道路沿いの木に、スズメバチ用のトラップがいくつかぶら下がっています。中には大量のスズメバチの残骸が入っていました。古屋君にも備えた方が良いですね。営巣されるとめんどうですから。







2017年4月 2日 (日)

海と休日

20170402_152320
*
新年度最初の日曜日、穏やかで暖かな陽気となりました。
海も冬の荒々しい日本海は影を潜めて、静かな波音が心地よく繰り返していました。
まだ、風は寒いですけどね。
*
今日はかみさんが最近の家族写真を整理してフォトアルバムを作るというので、手伝いをしたり、映画を観たりのんびり過ごしています。今夜は晴れそうなので古屋君に帰りたい気もしますが、海の家で一杯飲んで攻殻機動隊ARISEの続きを観ます。
 
久しぶりに最近観た映画の感想です。
シンゴジラ、面白いですね。特に長谷川博己さんがカッコ良かったです。
SPY、面白いです。珍しく家族全員の意見が一致しました。
テラフォーマーズ、ひどすぎます。
カリキュレーター、何か曖昧ではっきりしない筋書きはロシア映画の特徴でしょうか?
曲がれスプーン、私は好きです。志賀廣太郎さんいいですよね。
 
 

2017年4月 1日 (土)

2017.4.1

20170401

発掘作業が続く古屋君。

倒れた小屋を撤去したら、こんな物が!!

ネットによく落ちているUFOの残骸画像を勝手に持って来て加工したようにも見えます。

文字らしき物も見えますが、読む事は出来ません。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »