フォト
無料ブログはココログ

« ペンギン湖 | トップページ | 思い出せ »

2017年6月13日 (火)

画像処理

20170529_2

当初、PM2.5の影響で赤も青も足りない画像でしたが、画像処理次第ではここまで頑張れます。まだ星の輝きが足りませんが、今回はこれが限界かな。元が悪すぎます。

それでも前回の処理と比較して頂ければ、違いが良く分かります。

20170529_11
で、プレプロセスが終った状態、つまりダーク減算、フラット補正、ベイヤーRGB変換、アライメント、コンポジット(インテグレーション)を行った画像を、カラーバランスを合わせて単純にDDPすると

Lightbinning_1
こんな感じです。空が悪いので色彩感に乏しく、さらにカブリがあるので下の方はボンヤリしています。

New1
ついでに等倍で画像の荒れ具合をみていただければ、酷い荒れ方でどうしようもない事が分かります。

このような画像でも、画像処理の具合でそこそこの雰囲気にする事が可能だという事が分かると思います(私はこの作業が好きで天体写真をやっているような気がします)。

では3枚目の画像が自然なあるがままの状態か?というと、そうでもないのが天体写真の面倒な所です。

人間の目に見えている光を、その程度の光量で写真に撮ると感度的にボンヤリ天の川の構造が分かる程度で殆ど真っ暗です。では人間の目で見える光を十分蓄積して写しても改造カメラに赤く写る星雲は殆ど赤く見えません。

そんな訳で私的な天体写真とは、

よく言えば、目ではよく見えない物を人間の目でもはっきり見えるように加工した写真

悪く言えば、長時間蓄積した画像データーを利用したアート

なんじゃないかと思うわけです。

そうすると画像処理は加工でありアートであるという事になるわけで、「ほんと何やってんだろう?」と思う事もしばしばです・・・

New3_2


デジタル一眼の画像で無理をすると、細かい色むらが目立ちます。ダークの問題と言うより階調幅の問題なのでしょうか。良い空だとこの様なムラにはならないのですが・・・

« ペンギン湖 | トップページ | 思い出せ »

天文」カテゴリの記事

コメント

拝見して少し複雑な気持ちになりました・・・何故ならば鑑賞者として「いいな!」と感じたのは2枚目で、でも私自身の画像処理では1枚目を目指しているからです。

やはりレンジを詰めない方が、「ウケ」は良いのでしょうか。でも写っているのものは全て出してこそ天体写真!と思ってしまうんですよねcoldsweats02

kさん、ごもっとも。
今回は元が悪い画像なのでなんとも言えない部分もありますが、私は2枚目で止めれないタイプですね。分かってはいるのですがやってしまいます。というか、それが楽しみ・・・

あと、今回の様にレンジ幅がギリギリになっている画像は、画像処理に使っているColorEdgeでは破綻していないように見えるのですが、家のノートパソコンのモニターではハイライトが飛んで、暗部のグラデーションが等高線の様になってしまいます。ネット上で相手にどう見えるかというのも悩ましいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538386/65405328

この記事へのトラックバック一覧です: 画像処理:

« ペンギン湖 | トップページ | 思い出せ »