フォト
無料ブログはココログ

« 朝の月 | トップページ | 夏休みの終わり »

2017年8月12日 (土)

PhotometricColorCalibration(PCC)

M42_pcc1

PixInsightがバージョンアップされました。ずっと気になっていたのですが、ちょっとばかり本業がバタバタしていて何も出来ずにお盆休みに入ってしまいました。
お盆はちょっと旅行も計画していたのですが、土壇場でキャンセル。家でのんびりしています。
*
そこで今回の目玉!?PCCを試してみました。
上の6枚の画像、上段がABEなし、下段がABEありです。あまり良好な背景平坦化ではありませんが、試しなのでDBEで真面目に調整する程の事もないと思い、ABEでざっくり調整してあります。
そして左から元画像、中:PCC後、右:SCNR(Green100%)後です。
参考にした資料は下のページです。
*
http://www.lightvortexastronomy.com/tutorial-colour-calibrating-images.html
*
私はSCNR派なのでPCC後でも使用出来るのは、ちょっとうれしいですね。
PCCはネット上で検索すると、既に色々引っかかるのでPIユーザーは皆さん注目していることがよくわかります。今回は遅れをとりました・・・
*
で、問題のPCCのパラメータですが、色々読むととりあえず、撮影した対象の名前でRAとDecを検索して入力するか、自分でステラナビなどで座標を調べて入力し、光学系の焦点距離とCCD素子サイズが決まれば動くようです。実際他のパラメータは一切いじらず、検索座標でも手打ち座標でも動きました。
その後、Observation DateとDatabase Serverをいじってみましたが、PCCの結果が変化したようには見えません。
Background NeutralizationをRegion of Interestにしたらひどい結果になったので、とりあえず、これはデフォールトのままが良さそうですね。
で、肝心のWhite ReferenceはAverage Spiral Galaxyで良いのかな?選択肢は沢山ありますが、どう使えば良いのかピンと来ません。この点はもうちょっと何か資料が欲しいです。
*
M42_pcc2
*
一番上の6枚画像の右下、PCC後のRGBバランスです。PCCでぴったりピークが揃うということではないようです。
*
M42_pcc3*
STとHTでピークを揃えてみるとこんな感じになります。
揃えた方が良いのかPCCのバランスのままが良いのかまだ分かりません。
この結果に気を良くして、デジタル一眼+10.5mm魚眼レンズで撮影した画像を処理してみましたが、Error連発で結果を得る事は出来ませんでした。アナウンスでは広角レンズで撮影した天の川の写真もあったのに・・・
*
少し粘って調べてみたら、Projection Systemの所にvery wide-field images(
focal length less than 10-15mm)では、用意してある他のProjectionを試せと書いてあるので、リストのGnomonicの次に並んでいたStereographicで実行したら成功しました。
*
M42_pcc4
*
処理を進めてみないと、どれ程これまでのCCと違うのか分かりませんが、パッと見た感じ変な色調ではないです。
*
PCC、何となく動く事は分かったのですが、メリットは何でしょう。
*
M42_pcc5
*
低空で非常に撮影条件が悪く、CCで苦労した彼岸花星雲をPCCで処理してみました。一発で結構良好な感じになるような気もします。しばらく使ってみないと分かりませんけどね。
 
 

« 朝の月 | トップページ | 夏休みの終わり »

天文」カテゴリの記事

コメント

お待ちしていましたhappy01

同じ領域だから当たり前なのですが、ABE前後で補正結果は同じなのですね。

意図的に色ムラを低減したりした画像では上手く働かないのか、私の画像では処理過程の違いにより、補正結果が異なったり致しました。

最初の6枚のうち、私には左端が好ましく思えるのですが、これはSTとHTでピークを揃えられた画像に近いですよね。周囲のガスが赤っぽく見えます。
(CC(orPCC?)後にSCNRを使うとヒストグラムがズレますよね・・・?)

良く解りませんでしたが、魚眼では大気補正も効いている感じでしょうか?

kさん、PCCがCCより優れているのかどうかはまだ分かりません。
撮影された領域を実際の星図と照らし合わせて恒星を選別して2種類のグラフにプロットし近似式を立てて、CCをやっているという事なんでしょうかね。
ProjectionSystemは社会科で習った世界地図の投影方と同じ名前なのでやっている事も同じなのでしょうかね。大気補正とか分かりません。
DBEをやってからPCCという流れだと思うので色むらの低減はやっておいた方が良いような気もしますが、まだよく分かりません。M42はRGB合成時に調整しているので最初の状態でもそれなりです。

画像処理を最後まで仕上げてみないとPCCがどういう物なのかよく分かりませんが、新潟は曇天続きの予報です。

まだよく分かりませんが、殆どのパラメータはPCCが成功するかどうかに関係していて、結果そのものに大きく影響するパラメータは意外に少ないような気がします。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538386/65653449

この記事へのトラックバック一覧です: PhotometricColorCalibration(PCC):

« 朝の月 | トップページ | 夏休みの終わり »