フォト
無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

NGCは難しい

20170926_ngc925_3_2

今朝から3回目の差し替え・・・、時間が経ってみると変なんですよね・・・

26日に撮影したNGC925の処理を真面目にやってみました。今度はダークも300秒32枚撮影しました。前回の試しより明らかに解像度というか明瞭さは損なわれていますが、ノイジーな感じは少なくなっています。もう少し解像度を落とさずにノイズを軽減する方法を考えたいですね。

で、問題点ですが、

まず、撮影時に迷光があったようで、きっちりフラット補正をしたところ妙なカブリが出てきてしまいました、残念・・・。何となくフードが長すぎて街灯の明りを引っ掛けたような感じです。

それから5分露出だと対象の輝度が低く、特にRGBはノイズに埋もれてしまいます。2*2ビニングにするか10分露出にしないと星雲と色ノイズを分離しきれません。でも星は色が飛びそうですね。悩ましい。

あと、小さい。真ん中にぽつんと対象が小さく写っているのは寂しいです。上の画像は若干トリミングしています。Drizzle(アンダーサンプリングじゃないし)とか、もっと焦点を長くする(暗くなるな)とか、大きくしたいです。

VC200Lはレデュサのバックフォーカスを調整したので、次は中心部も良い星像を期待したいです。Lを沢山撮影してDrizzleしてみたいですね。そうするとRGBは1*1ビニングで10分かなー。何しろ撮影に時間がかかりそうです。

2017年9月29日 (金)

ホッと一息

Dsc_9934_2
今週は日曜日休日出勤から始まって、夜は晴れるし、会議は多いし、公私共に大忙しでした。今朝出張報告書を出して、ちょっとウンザリしています・・・

週末にかけて余計な仕事も入っていませんし、月も明るくなってきたので、多少余裕がありそうです。映画やドラマがたまってしまって、何とか観ないと・・・

まずはブラックリストを終らせないと次が観れない。



2017年9月28日 (木)

NGC925なんだけど・・・

20170926_ngc925
26日夜に撮影したNGC925ですが、まだフラットを撮影していないので、ほんの試し処理です。L16枚では十分な画像処理はできませんね。粗を隠すのが精いっぱいです。
昨日掲載したM1は星像の悪い中心部を避けて撮影したので目一杯トリミングしていますが、これはほぼど真ん中に入れてしまったので撮像した画角です。ちょっと小さくて寂しい感じですね。前回撮影したNGC7331はL=120分です。今回はFが一段小さくはなっていますが、合計80分の上に1枚が5分なので感じとしてはNGC7331の半分ぐらいの写りです。
撮影データ
VC200L+レデューサ(旧タイプ)F:1270mm、口径200mm)、アトラクス改(K-ASTEC)
ATIK383L+(-10度) L:R:G:B =16:4:4:5 (各5分)
miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、MaxImDLにてガイド

2017年9月27日 (水)

M1

20170927_m1
連日撮影できました。

ただ、昨夜は深夜から雲が出て、カニ星雲はLとHしかありません。

インチキHLL合成です。

VC200Lの星像はオフアキを外して、レデューサを入れてかなり改善しました。まだ中心部と周辺でピント位置が異なるようで、バックフォーカスがいい加減なせいかな?とか考えています。Vixenから新しいレデューサも出ているようでもうちょっとこの鏡筒で頑張ってみようと思います。

2017年9月26日 (火)

モザイク合成

Ifn
カリフォルニア星雲からM45にかけて、久しぶりにモザイク合成しました。EOSkissX7+85mmF4、ISO3200、2分露出です。

61枚+73枚コンポジットの2コマ合成です。もうちょっとIntegratedFluxNebula(これは分子雲?)をモクモク出来そうですが、とりあえず無難に処理しました。

日曜の夜は撮影できず、昨日も会議で古屋君に帰ったのは22時過ぎでしたが、GPDとデジタル一眼手動導入なら、30分程度で撮影開始出来ました。SS-one75mmガイドカメラ+PHD2の組み合わせは本当に楽です。

Integratedfluxnebura
X7冷却なしという条件では、ノイズとの戦いです。

出せるだけモクモクさせてみました。色調はかなり強調していますが、ほぼPCCです。

2017年9月24日 (日)

暇にまかせてM45

20170921_m45_2_2  

 連休最終日の日曜日、今日は朝からお当番の仕事です。幸いな事に非常に暇です。

先週の連休が台風で大荒れだったせいか、今日は皆さんお忙しいのでしょう。
そんなわけで、M45の処理をやり直しました。ちょっと気に入らないところもありますが、こんなもんですかね。もうちょっともくもくさせたいですが、非冷却なのでノイズが邪魔でどうにもなりません。限界ですね。
実は最近使っているパソコンが非力でPixInsightもフォトショップも遅くて困っていました。PIはちょくちょくスタックするし。仕方なくちょっと余裕のあるノートを買ってしまいました。メモリ32GBあるとPIとPSを開いたまま目一杯使えるのでとても便利です。

2017年9月23日 (土)

久しぶりに画像処理

20170921_m42_2

久しぶりにまともな素材で画像処理しました。
PixInsightでほぼ仕上げていますが、
ABE->MLT->PCC->Deco->HT->TGVD->SCNR->Morphology->CT(Saturation)->LHE
こんな感じです。この後フォトショップで細々した調整をして、NikCollectionでお化粧してJpegにしています。
やっぱり星像が丸いと余計なことを考えなくて良い分楽です。欲を言えばノイズがもう少し少ないとやり易いのですが、冷却するか寒くなるのを待つか・・・
PCCを使ったカラーキャリブレーションは良いですね。SCNRで緑の軽減をした以外は彩度を上げているだけです。PCCは、客観的な感じがして行き当たりばったりの色調補正とは一線を画す感じがします。
M45はフラットを調整して再処理します。

2017年9月22日 (金)

夜明けのM42

Light_binning_1_integration_abe

21日夜は久しぶりに晴れたのですが、古屋君では日没直後はベタ曇り、その後徐々に雲が撮れ、20時過ぎにほぼ快晴になりました。昼間の雨の影響で霧が酷く、最初に狙ったらせん星雲(NGC7293)は南中越えの22時過ぎまで粘りましたが、没。
その後気を取り直して、森の上にちょうど出てきたM45を撮影。仮眠をとって、翌1時から薄明開始まで撮影したのがM42でした。メジャー過ぎる対象ですが、PCCを試すにはちょうど良いのと、Borg125SDとX7の組み合わせで記念に一度は撮って置こうと思いました。
撮影データは前のM45と同じですが、こちらは73枚コンポジットです。やっぱり数は力です。飽和部分に使う短時間露光を撮影するのをすっかり忘れて眠ってしまいました。
これもPCCで色調を整えていますが、ホワイトリファレンスはAverageSpiralGalaxyです。
冷却無しでISO3200の120秒はノイズ処理が大変です。

PCC AverageSpiralGalaxy

20170921_m45_1

久々に直焦点でM45を撮影しました。120秒外気温16度、ちょっとノイズが目立ちます。

チュートリアルでは散光星雲のホワイトリファレンスにAverageSpiralGalaxyを使っている物があったので、反射星雲ではどうだろうと言う事でM45で試してみました。PCCの色調をそのまま強調してあります。ちょっと黄色が強いような仕上がりです。

撮影データ

Borg125SD+F4DG、CanonEOSkissX7改造機(冷却なし)

ISO3200, 露出120秒、 55枚コンポジット、ss-one75mmガイドカメラ、PHD2にて自動ガイド

ニューアトラクス赤道儀(K-Astec改)、星見櫓にて撮影

2017年9月21日 (木)

しかもしかもしかもいる

Dsc_9912
今朝は散歩に出ようとした途端、土砂降り・・・

仕方が無いので朝食を食べて雨が止むのを待って、ふと思いついたので車で出かけました。久しぶりに樽ヶ橋遊園の周りの遊歩道です。

樽ヶ橋遊園はサルやダチョウ、最近人気のアルパカなどが飼育されていて、

しかもしかもしかもいます。

これを標準語にすると「しかも鹿も結構沢山います」という事になります。

これを思いついたので、わざわざ写真を撮りに行ったんですよ。

Dsc_9918
散歩の方は、遊歩道が水没していて途中で引き返しました。この頃には日が射すほどに雲が切れていました。台風以降、不安定なお天気です。

2017年9月20日 (水)

山の圧力

Dsc_9907
山には圧力がある。

特に夏の間は強力でよそ者を受け付けない。

新参者の私などはこれ以上先には一歩も進めない感じする。

Dsc_9903
台風が去って、秋がだんだん深まっていくと、山の圧力も和らいでくる。

それでもなかなか進み難い。

Dsc_9911
裾野でこんな写真を撮っているのが、山男ではない私にはお似合いだ。

by 里男 (山男の反対語は「山女」で、里男ではないようですが・・・)

Dsc_9909
昨夜は晴れそうな予報だったのに、結局曇ってしまいました。

今年は本当にお天気に恵まれません。撮影機会が少なすぎて物欲すら沸きません。





2017年9月17日 (日)

あらためてPCCを使ってみる

Ngc1491_lrgb
PixInsightの新しいカラーキャリブレーションPCCをチュートリアルを読んだ上で使ってみました。データは昔撮影したNGC1491周辺です。
 
当然色調は強調以外はいじっていないPCCが出力した結果を尊重しています。リファレンスはAverageSpiralGalaxyを使っています。肝心な部分がちょっと飽和してしまいましたが、そこは関係ない事にして。手動での色調補正を行わずにこの状態というのは凄いと思います。
 
New1
 
Gに対するRとGに対するBについて、既知のデータと画像内のデータを比較してカラーバランスを調整するって、なんかもっともらしくて信頼性がありますね。演算後に表示されるグラフが、ますますもっともらしい。上がR-G、下がB-G、縦軸が撮像されたイメージから計測したカラーインデックス、横軸が既知のカラーインデックスだと思います。緑のドットが1つの星を表しています。
 
これまでの試行錯誤で、使用するホワイトリファレンスによってかなり色調が変わる事も分かっています。チュートリアルを読んだ感じでは、我々の銀河内の散光星雲などを処理する時は、取り合えあずAverageSpiralGalaxyで処理してみて、うまく行かない場合は星の種類を選んで再処理してみるという感じなのでしょう。
注意点は広角レンズの時のダウンロード時間(10分から15分)が長い事とProjectionSystemの選択をStereoGraphicにしないと動かない。
後はドリズルやクロップした時のPixelSizeによる補正ですね。これを上手くやらないと動きません。ドリズルは倍数、クロップはクロップ前の一辺/クロップ後の一辺です。
 

2017年9月16日 (土)

草の花

Dsc_9901
週末は台風の直撃になりそうです。折角の連休なのに晴れそうにありません。

Dsc_9902
朝晩は寒くて残暑もなく、秋本番といった感じです。

散歩道にも秋の草花が咲いています。そういえば「草の花」は秋の季語です。よく見ると秋は道端とか草原のあちこちに小さな花が咲いています。春は派手な花が沢山あって雑草の花などは目立ちませんね。

Dsc_9899
花も見事ですが、蕾の尻尾がクルクルで笑ってしまいました。

2017年9月15日 (金)

実りの秋のPCC

Dsc_9889
夕べも一雨降りました。今朝は晴れていますが、こんなお天気が続くと稲が倒れてしまいます。

それに全然星の写真が撮れません。雲間から見える星空の透明度が良いだけに残念でなりません。今朝起きるとPixInsightTeamからPCCのチュートリアルの紹介メールが届いていました。

http://pixinsight.com/tutorials/PCC/

早速読んでみると、PCC( Photometry-Based Color Calibration)の原理について、CCとの比較等、もやもやしていた部分がスッキリしました。やっぱりPCCは凄いです。

早く使いたい!ですが、撮れないとどうにもなりません。台風の接近で連休も期待できそうにありませんね。

Dsc_9893
真っ赤に色付いたアスパラの実、これをPCCで処理しましょう!

でも、マッチするスターカタログが無いですね・・・

2017年9月13日 (水)

雲、流れて

Dsc_9878
昨日から時折バケツをひっくり返したような土砂降りを繰り返していましたが、今朝はようやく雲が切れて青空が見えてきました。これからお天気は快方に向かうそうです。

Dsc_9883
古屋君は標高わずかに100mの所にありますが、雲がすぐ上を流れていきます。

Dsc_9885
ちょっとした「高原の朝」のようにも見えるのですが・・・

暮らしていると里山と言う方がしっくり来ます。

Dsc_9859

モズがけたたましく鳴いていました。

警戒されて寄れないので、300mm等倍でやっとこれくらいです。鳥屋になるならもっと超望遠が必要ですね。

2017年9月11日 (月)

ゆく夏

Dsc_9860

今年の夏は本当に足早でした。昨日の日曜日は夏を惜しむかのような陽気になり、朝晩の涼しさと虫の声が尚更寂しく感じられました。季語の上では、ゆく夏は7月頃の季語で9月になって使うような言葉ではありませんが、そこはあまり拘らずに・・・

Dsc_9867
私もこの年になって夏が大好きと言うわけでもありませんが、また1回夏が終ってしまった感じは若い頃より強いです。

Dsc_9863
もう少しすると飯豊は冠雪します。そして白鳥がやって来て・・・

一年サイクルがどんどん速くなって行きます。

Dsc_9876

感傷に浸っていても仕方ないので、上堰潟公園に藁アートを見に行ってきました。今年の作品は力強くて力作揃いでした。ただ正面に配置された看板が邪魔です。横に設置してもらえれば正面をしっかり撮れるのですけどね。このゴリラは大迫力。女の子は危機一髪で駆け抜けました。

2017年9月 9日 (土)

ある物は有る、ない物もある

20170826_ngc7331_lrgb_take2

以前、CANPでお会いした事のある天体写真家のブログを拝読していて、最近DSO周辺のモヤモヤを撮影する猛者が結構いらっしゃることを再認識しました。M81、M82周辺とか結構有名ですよね。モヤモヤしているのは分子雲、落書きみたいなのがStarStreamで良いのかな?StarStreamは撮影している銀河の周辺にあるものだと思いますが、分子雲は我々の銀河系の中にあるものですよね?撮影している銀河の周辺にあるものではないような?よく分かりません。

で、

先日撮影したNGC7331の周辺にモヤモヤは無いの?と疑問に思い検索してみると、ありました。その画像を掲載するわけにはいきませんが、ステファンの五つ子周辺にかけてモヤモヤしているようです。私は雲の通かによるムラだと思っていましたが、何となく雰囲気はネットで検索したモヤモヤに似ているので実は写っているのかもしれません。少なくともPixInaightではDBEもABEもやっていないので画像処理で出来たムラではないと思います。若干星の周辺に収束しているように見えるのはデコンボリューションの影響かも知れません。

そこでL画像だけでもう一度それっぽく処理してみました。

Ngc7331_l
なんだかモヤモヤは本当にありそうにも見えます。

ただし、NGC7331を綺麗に(あまりキレイともいえませんが)見せるにはこの程度の写りのモヤモヤは邪魔なだけです。銀河を優先するなら背景はスッキリしてしまっても良いような気がします。

今回の撮影は一晩頑張った割りに今一つでしたが、画像処理では十分楽しめました。

2017年9月 6日 (水)

秋めく

Dsc_9850
昨日は同じ胎内市の中条祭りでした。昼間は秋祭りと呼ぶに相応しいお天気でしたが、夕方から雲が出て、今朝は雨降りです。

Dsc_9853

なんとなくこのまま秋になってしまいそうで、ちょっと寂しいですね。今年は8月のお天気が悪すぎました。

Dsc_9856

そろそろ古屋君に秋・冬物を持って来ないといけない気がしますが、ひょっとしてこれから残暑?とか思ったりして、まだ扇風機を片付けていません。

今年の秋は良い星空に恵まれると良いですね。

2017年9月 5日 (火)

フラッと撮影

Flat

昨晩は良く晴れていたのに月夜でした。どうしてみようも無いので、先日撮影したNGC7331用のフラットを撮影しました。

上が使い回しのフラット画像、下が今回撮影したフラット画像。プリズムの影が!!!

うっかりしていました。オフアキ組み込んである上に縦横間違ってます・・・焼きが回ったね。これではまともな補正が出来る訳がありません。

20170826_ngc7331_lrgb_2_2

ホームページにも載せましたが、随分滑らかに仕上がりました。トリミングしてあるので、ABEもDBEも使わずにこの程度に仕上がりました。色調はCCを使っています。PCCはまたエラーで動きませんでした。残念ながらR画像の解像度だけはどうにもならず、星雲内のHII領域が全く分かりません。

星像もこの辺が限界。モヤモヤ感は減りましたがとにかく星像が汚い。スッキリ撮りたいです。これもプリズムの影の影響かな??

New5
レベルを圧縮すると背景部分のモヤモヤ感がどうしても気になったので、古典的な画像処理ですが、こんな方法を使っています。散光星雲や暗黒帯の画像処理では絶対使わない方法ですが、一応何も無い背景を平坦化するには簡単で有効ですね。

2017年9月 4日 (月)

夏の終わり

Dsc_9696
岩船港に粟島航路のフェリーが入ってきました。

Dsc_9711
着岸は一発(当たり前かな)、大きさの割りに小回りが効きます。

先週木曜日、従姉妹に会いに行った次女を岩船港で回収して、翌朝から北陸旅行に出かけました。

初日は3人で福井県まで足をのばし、東尋坊観光、その後金沢市を散策して長女の家に転がり込んで一泊。二日目は長女も加わり4人で富山県の五箇山を観光、その後氷見でお魚を食べて金沢に戻り、長女の家で宴会。

翌日曜日、仕事の長女に別れを告げて3人で新潟に帰って来ると、2日も留守番させられてぶち切れ気味のウサギのご機嫌をとって、私の夏休みは終了しました。

Dsc_9823

今朝は爽やかと言うより肌寒いほどで、長袖を羽織って出勤です。

今年の夏は終ったのかな。

2017年9月 3日 (日)

五箇山

1504383370149

富山県五箇山は、岐阜の白川郷のすぐ手前にある集落で雰囲気も似ています。小規模ですが合掌造りの集落です。田んぼは稲穂が垂れてトンボが沢山飛んでいて、田舎の秋の風景でした。茅葺き屋根は絵になります。
この後、氷見でお昼を食べて、富山観光の一日でした。

2017年9月 2日 (土)

東尋坊

20170901_183345


昨日も綺麗な夕焼けでした。
夏休み中の二女、家内と三人で長女の家に押し掛けて、出前家族旅行です。宿泊費がかからないしね。

20170901_112629

ちよっと足をのばして東尋坊を観光して来ました。快晴でよろめくほどの強風、絶好の断崖日和でした。アヤメ旅子ごっこをして楽しみました(マイナー過ぎます)。夏休み中の学生さんが沢山観光してました。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »