フォト
無料ブログはココログ

雑感

2017年6月18日 (日)

にっぽん縦断 こころ旅

Dsc_13601

火野正平さんがお手紙を元に自転車で各地を回る番組で、私が暮らしている胎内市が出るというので、録画して観ました。
胎内スキー場から樽が橋を通ってシンクルトン公園、そして私が以前毎日のように散歩していた砂防ダムのため池。ピンポイントで私の生活圏だった辺り!!、今もそうですけど・・・
公園内の「猿のケージ」の外側に猿というのも街の人には衝撃でしょうが、私が驚いたのは「手紙」の方です。
手紙の内容から推察する年代に新築で5部屋の村営住宅はシンクルトン公園の徒歩圏内に2棟のみのはずです。2005年から10年間私が暮らしていた家とそのお隣が、今から30年程前に切り開かれた住宅地に最初に村が建てた住宅と聞いています。
50%の確率で、同じような生活をしていたご家族がもう1組いらしたことになります。
この借家、私が暮らす前10年ほどは私の友人で前任者が暮らしていました。彼も同じように単身赴任で週末家族が遊びに来るライフスタイル。引き継いだ私もそんな暮らし方。さらにその前にお手紙の主さんがいらしたならと想像すると面白いです。
*
前田さんに確かめてみたいです!
*
それから火野さんと写っていた「ため池」は山奥の不気味な沼みたいに見えましたが、良い季節には上の写真のような雰囲気です。
Dsc_9316


New1
火野さん達が、自転車で通った険しい山道は、胎内川を右手に見てシンクルトン方向に下っていたので、地図上で黒線の道でしょうか。入口は胎内川橋の手前で枝分かれしている道だと思います。もう一本鼓岡から回り込む道は途中で車では通れない感じだったので諦めました。出口は中学校の奥だと思います。車で撮影に行きますが行き止まりだと思っていました。
通った事はないので定かではありませんし、多分すごーく危険だと思います。熊とか蜂とか猿とか落石とか倒木とか・・・

2017年6月17日 (土)

やまぼうし

Dsc_9311
古屋君の周りでは、やまぼうしが満開です。あちらこちらで木が白くなるほど沢山の花を付けています。

Dsc_9308

やまぼうしの花は白く咲きますが、花が終わる頃になると何となくピンク色に染まってきます。桜の花も散り際の方が濃いピンクになりますよね。

Dsc_9305
長閑で寂しい山村の風景という感じがしたので、一枚撮らせてもらいました。


2017年6月12日 (月)

ペンギン湖

20170611_162205

新潟の新名所候補「ペンギン湖」に行ってきました。うわさ通りペンギンそっくりです。

場所は

20170611_161818

砂浜のある新潟の海岸で、テトラポットが少なく波が比較的荒い場所。

大きな波が去った後に出現します・・・

20170611_162443
気温は低めでしたが、晴れた気持ちの良い一日でした。

海岸を散歩しながら、ぼんやり考え事をするのが好きです。考えなければならない事、考えた方が良い事、考えない方が良い事、が波音をBGMに浮かんだり消えたり、結論は出ても出なくても気分が楽になります。

山の散歩は歩く事に集中しないと危険なので、のんびり考え事はしません。ひたすら歩く事に集中します・・・




2017年6月10日 (土)

梅雨入りかな

Dsc_9297
昨夜は満月が見えたのですが、今朝は雨が降っています。ジメジメして生暖かく、いかにも梅雨の雨という感じです。梅雨入り宣言では、毎年「関東甲信」に置いていかれる「越」です。そろそろ梅雨入り宣言しないとね。

・・・そうだった。今は「宣言」はしないんでしたね。「したとみられます」なんですね。個人的には気象庁が「宣言」した後に晴天が続いても別に文句を言うつもりはないので、全然宣言してもらって良いのですが、結局当たり障りの無いお役所言葉が好きなんですよね。

Dsc_9298_2
雨上がりの夕暮れ時には、蛍を探してぶらぶら散歩したい季節なんですけど、近所でも車で行かないと何となく怖いです。



2017年6月 5日 (月)

新たな侵略者

Dsc_9276
新たな侵略者の前線基地、

スズメバチのの巣が古屋君の軒下に出現しました。土曜日の朝には気が付きませんでしたが48時間後には特徴的なこの形なので、凄いスピードで作られるのですね。

しばらく観ていましたが周囲に蜂の姿はありません。ひょっとして製作者は既に仕掛けておいたトラップに嵌りましたかね。持続成分のある殺虫剤をかけて2,3日観察してみます。

2017年6月 3日 (土)

不毛な戦い

Dsc_9275

これは近所の駐車場の写真ですが、古屋君での葛との戦いは熾烈を極めています。蔓を見付けて根元を辿り、地下を這う茎を掘り、最終的に株にたどり着ければ、私の勝ち。出来なければそこで茎を切り、除草剤を付けて撤退・・・

この、先の見えない不毛な戦いは映画「バトルシップ・トゥルーパーズ」のようです。クソ真面目に戦いのための戦いを貫くこのシリーズはある意味「反戦」を訴えているようにすら思えます。葛との戦いに明日はあるのでしょうか?私はこの戦いで既に肋骨、左肘、右手首を負傷しました。確かに戦果は上がりましたが、その代償もあまりに大きい。しかし平和共存という選択肢も無い。正に不毛な陣取り合戦なのです。

Dsc_9273
気が付くと、畦道にはアザミが咲いていました。

2017年5月26日 (金)

薹が立つ

Dsc_9205
イタリアンパセリに薹が立ちました。

普通のパセリより小さい花のような気がします。

Dsc_9207
マクロレンズだと、ちょっとしたお花畑です。

Dsc_9216

午前中の雨も上がり風が吹き始めたお陰で、蒸し暑さがなくなり爽やかな夕暮れになりました。

網戸越しに外を見て黄昏るウサギ・・・

1495753315553
7歳目前、薹が立ち枯れた婆さんウサギですが、初めてラディッシュの実を食べました。いつもは葉だけ食べて赤い実がゴロゴロ転がっているのですが、どうしちゃったのでしょう。


2017年5月24日 (水)

分水界

1
古屋君のちょっと東側に梨の木峠があります。実はこの峠、胎内川と荒川の分水界になっています。地図の赤線で分水界を想像してみました。青丸の地点から南東を撮影すると

_1
右側に胎内川に流れ込む支流があり、左が峠になっているような感じです。肝心な部分が土砂採石場になっていて地形が分かりません。きっとむじな川を遡れば、分水嶺があるのかもしれません。

一枚の写真で分水界を表現できないか、R290周辺を探し回ってみましたが、なだらかな地形なので難しいですね。

Dsc_9198
多分ここが梨の木峠を通るR290の分水界だと思うのですが、なんだかなー

伝わりませんね。


2017年5月15日 (月)

ローグ・ワン

New0
スターウォーズのスピンオフ「ローグ・ワン」を観ました。土曜の夜は現実逃避を兼ねて2回続けて観て、その後勢いでスターウォーズ第4部を観て寝ました。

前評判通り面白かったです。

監督が

New3
この人と言うこともあり、どんな風になるのか楽しみでした。

1977年の第4部の登場人物がCGで違和感なく登場しているのが凄いです。

が・・・

すごく気になったのは、ラストシーン

New2
以前観た、オーストラリア映画「ファイナルアワーズ」と同じ感じ・・・・

それを言うなら、「ポンペイ」も似てるかな。もうどうしようもない状況では、こうするしかないのでしょうか。スタートレックなら絶対「転送」で九死に一生って場面なんですが、実はギリギリで脱出して続編っていうのも興ざめですね。

デススターって、第二次大戦を舞台にした映画「ナバロンの要塞」の大砲の延長線にあるのかな・・・

2017年5月10日 (水)

攻防戦&挑戦

Dsc_9068
古屋君周辺では、最強の侵略者が顔を出し始めました。

「葛」です。

凄いスピードで蔓を伸ばして色んな物に絡みついたり、食い込んだりします。

Dsc_9069

空き家になっている間に、古屋君の老朽化した外壁?の内側にも侵略していました。ここを絶対防衛ラインにして、葛と対決しなければ家が壊れます・・・。修理も必要ですね。

葛は大元の根を撃破しないと蔓はどんどん攻め込んで来るので厄介です。

1
EOSkissX7にカメラを交換したBorg125SDですが、2回のテストでようやく星像も落ち着いてきました。

冷却CCDからデジタル一眼に交換した最大の理由は、ω星団とケンタウルス座Aに挑戦するためです。来週から月末くらいが勝負になるでしょう。電線と電柱の隙間から狙う事になるので、恐らく枚数は稼げませんが、1枚でも写ればラッキーという代物でしょう。

より以前の記事一覧