フォト
無料ブログはココログ

雑感

2017年5月24日 (水)

分水界

1
古屋君のちょっと東側に梨の木峠があります。実はこの峠、胎内川と荒川の分水界になっています。地図の赤線で分水界を想像してみました。青丸の地点から南東を撮影すると

_1
右側に胎内川に流れ込む支流があり、左が峠になっているような感じです。肝心な部分が土砂採石場になっていて地形が分かりません。きっとむじな川を遡れば、分水嶺があるのかもしれません。

一枚の写真で分水界を表現できないか、R290周辺を探し回ってみましたが、なだらかな地形なので難しいですね。

Dsc_9198
多分ここが梨の木峠を通るR290の分水界だと思うのですが、なんだかなー

伝わりませんね。


2017年5月15日 (月)

ローグ・ワン

New0
スターウォーズのスピンオフ「ローグ・ワン」を観ました。土曜の夜は現実逃避を兼ねて2回続けて観て、その後勢いでスターウォーズ第4部を観て寝ました。

前評判通り面白かったです。

監督が

New3
この人と言うこともあり、どんな風になるのか楽しみでした。

1977年の第4部の登場人物がCGで違和感なく登場しているのが凄いです。

が・・・

すごく気になったのは、ラストシーン

New2
以前観た、オーストラリア映画「ファイナルアワーズ」と同じ感じ・・・・

それを言うなら、「ポンペイ」も似てるかな。もうどうしようもない状況では、こうするしかないのでしょうか。スタートレックなら絶対「転送」で九死に一生って場面なんですが、実はギリギリで脱出して続編っていうのも興ざめですね。

デススターって、第二次大戦を舞台にした映画「ナバロンの要塞」の大砲の延長線にあるのかな・・・

2017年5月10日 (水)

攻防戦&挑戦

Dsc_9068
古屋君周辺では、最強の侵略者が顔を出し始めました。

「葛」です。

凄いスピードで蔓を伸ばして色んな物に絡みついたり、食い込んだりします。

Dsc_9069

空き家になっている間に、古屋君の老朽化した外壁?の内側にも侵略していました。ここを絶対防衛ラインにして、葛と対決しなければ家が壊れます・・・。修理も必要ですね。

葛は大元の根を撃破しないと蔓はどんどん攻め込んで来るので厄介です。

1
EOSkissX7にカメラを交換したBorg125SDですが、2回のテストでようやく星像も落ち着いてきました。

冷却CCDからデジタル一眼に交換した最大の理由は、ω星団とケンタウルス座Aに挑戦するためです。来週から月末くらいが勝負になるでしょう。電線と電柱の隙間から狙う事になるので、恐らく枚数は稼げませんが、1枚でも写ればラッキーという代物でしょう。

2017年5月 8日 (月)

東奔西走の連休でした

20170506_120138

今回の大型連休で、一枚選ぶならこの写真です。

5日の夜に帰りのチケットが取れなかった上の子を金沢に送って、6日雨の中のんびり8号線で富山を周って帰りました。目的は、昔出張で滑川市に通っていた頃、時々行った食堂を訪ねるためです。おばちゃんは元気なご様子でした。懐かしい麻婆丼セットを頂きましたが、ちょっと量が多く感じました。年ですね・・・。大抵は隣の居酒屋で一杯飲んで電車に乗ったのではしごしたかったのですが、生憎昼間は営業していませんでした。

今回、私の走行距離は1300km。新潟>筑波>銚子の片道と、新潟>金沢>富山>新潟の往復。あといつもの海の家<>古屋君往復と、チリ積もで結構走りました。かみさんと子ども達で走った分も入れると車は1800kmを走破した事になると思います。

20170504_113356
帰省した子ども達と古屋君に山菜採りに来ました。タラの芽、独活、行者ニンニク、ヨモギ、庭の山菜だけでお腹一杯山菜パーティーが出来たので、古屋君の株は急上昇でした。鯛形もクッキリ

2017年5月 5日 (金)

連休後半

1493919720140

*
絶好の被写体なのに携帯のカメラなので、ちょっと残念。
連休後半はお天気にも恵まれ、非常に充実しています。
後1つイベントをこなして本連休のミッションコンプリートとなります。
画像処理をするまとまった時間が無いので、小出しで中途半端ですが、
Dsc_9043
*
天の川桜、魚眼レンズ固定撮影。
*
 
そして娘達が家にいるので何となく張り切っている、
1493919514001
*
こいつ。
覚えているのかな・・・

2017年4月30日 (日)

ちょうし良いです

20170429_153148

金曜の夜は、明日から連休のうえに快晴‼

星屋さんには絶好の条件に後ろ髪を引かれつつ、新潟を後にして人気最下位の茨城県にやって来ました。そして、こんな縁でもなければ絶対訪れないだろう銚子まで足をのばしてランチを食べようということになりました。高速道路を降りてから、50km程川沿いの道を走って河口に出ると、そこは銚子港、新潟とは一味違う(そう思いたい❗)お魚をお腹一杯食べて、またトロトロ走って帰って来ました。

筑波は夕方雷雨となり、洗濯物が心配な娘に急かされましたが、農繁期の軽トラックは皆ゆっくりなんですね🎵幸い風向きのお陰か、そんなにびしょびしょにはならなかったようです。

かみさんと車を残して、私だけ今晩の新幹線で新潟に帰ります。入れ替わりで金沢の長女が、泊まりに来て連休後半には全員新潟と言う慌ただしいスケジュールです。

2017年4月26日 (水)

トラツグミの鳴く夜に

Dsc_8949

youtubeでトラツグミの鳴き声を見つけてリンクさせてもらいました。

https://www.youtube.com/watch?v=z83rklgSn9M

昨夜は夜になっても暖かく、お風呂上りに家の周辺を散策したのですが、聞きなれない高い音が聞こえます。口笛のようでもっと甲高くてか細い音です。これが伝説にも登場するトラツグミでは?と検索してみると間違いないようです。確かに真っ暗な山でこの音を聴いたらビビリます。

その後星見櫓でしばらく鳴き声を楽しんで、フラットを撮影して寝ました。分かって聞いていればヒーリング効果の高い鳴き声だと思うのです、いかがでしょう。

で、25日の1時頃から薄明まで撮影したM8、干潟星雲をとりあえず処理してみました。

Light_binning_1_integration_abe
酷い構図ですね。何でこんな事になったのか理由は分かっているので、次回南天を撮る時には大丈夫だと思います。

画質は前回のさそり座散光星雲よりかなり良いので、霧の影響は低空だけですんだようです。問題はピント合わせで、低空で霧があるうちにピントを合わせてそのまま放置撮影しながら寝てしまったのでかなり甘いです。最初の30分くらいは捨てているので、出来れば1時半過ぎにピントを合わせればもうちょっとましな星像になったと思います。でもその頃は既に夢の中だったので・・・

125SDはしばらくこの組み合わせで使ってみます。

2017年4月24日 (月)

大野の朝市

20170423_083541

日曜日は新潟市西区大野町の朝市に行ってきました。一度も行った事が無かったのですが、たまたま案内の広告を見つけたかみさんに誘われて出かけてみました。

街中の商店街の駐車場に車を停めて、中ノ口川の土手下の道に出ると露店が並んでいまます。春なので苗を売るお店が多かったのですが、野菜や果物を売るお店も何軒かありました。全部が地場産という訳ではありませんが、お店のオジサンが面白くてついつい沢山買ってしまいました。台湾産のバナナに関しては、さすがに「ここで?」と思いましたが、まあ勢いですね、買い物は・・・

一軒だけ衣類を売るお店がポツンとありました。

20170423_084847
こんな感じです。

買ってきた竹の子、スナップエンドウとアスパラで春野菜パスタのランチを食べ、予告犯、ブレード3、シティー・オブ・エンジェルを観て、良い休日でした。夜も快晴で絶好の撮影日和でしたが、家でのんびり過ごしました。今日も晴れ予報ですが、夜は会議です。最近どうもめぐり合わせが悪いですね・・・


2017年4月17日 (月)

白山公園

1492384564849
昨日は暖かくて新潟市内の桜も満開ということだったので、母と白山公園を散歩してきました。去年山菜採りで捻挫して、このまま歩けなくなるかと心配しましたが、またしても脅威の回復力で2キロ程の道のりを難なく歩けるようになりました。

20170416_104732

西堀通りにあるお寺の狛犬ならぬ象?時々通る道ですが、今まで気が付きませんでした。

今日はかみさんが一日用事で出かけていたので、夕方近所の公園を散歩しました。

暇な爺さんは、散歩くらいしかやる事がありません・・・

20170416_162308

閑散とする近所の公園。まだチューリップには早いですね。

奥の桜並木の方はお花見を楽しむ人が沢山いらっしゃいました。


2017年4月16日 (日)

墓標

20170415_151526_4
昨日土曜日は、仕事をお休みにして伯母の納骨に参列しました。
父方の従弟は関東で生まれ育っているので、祖母が亡くなり実家を整理して以降、新潟に残っているのはお墓だけになってしまいました。
それでも私は小さい頃、従弟達と海に行ったりボーリングをしたり、一緒に過ごした経験がありますが、従弟の子ども達と私の子ども達は殆ど面識がありません。
新潟で生まれた多くの人々が東京に出て行った高度経済成長期以降、いよいよ地方と首都圏の関係は希薄になってきたように感じます。叔母は新潟を故郷と思っていたと思いますが、従弟達、そしてその子ども達の故郷は既に新潟ではありません。
なんだか寂しいですね。
お墓の近くにあるNext21も主要なテナントが撤退し、殺風景になっています。遠くない未来、砂にのまれた新潟で、このビルの先端だけが墓標のように突き出している光景を想像してしまいました。
 

より以前の記事一覧