フォト
無料ブログはココログ

写真

2017年4月22日 (土)

むじな川を辿る 最終回

Dsc_8905

前回の地点から下流に下った橋の上から上流方向を見ると、むじな川の脇にこんな物がありました。今は水が流れていませんが、何のための構造でしょう?

Dsc_8921
下流はかなり速く流れているのが分かります。この先いよいよ胎内川に沿ったR53号線に出ます。

Dsc_8920
R53のこの橋の下を通って胎内川に合流する事になります。残念ながら両岸に河川に出る側道がありません。

Dsc_8919
橋から撮影してみましたが、肝心の合流点が見えません。

そこで、

Dsc_8913

ちょっと下流にある川(河川名が分かりません)沿いの道をと通ってR53をくぐり、胎内川本流まで出てみました。

Dsc_8923

むじな川より水量はかなり少ないですが、しっかり砂防ダムが設置されているので、大雨の時には大量の水が流れるのでしょう。

で、肝心のむじな川と本流の合流点を探して上流方向に歩いてみると、

Dsc_8922

この先のはずですが、道がないので進めません。残念ながらここからでは、橋の上から観た勢いの良い流れは確認できませんでした。

そこで職場に着いてから、Googleマップをみてみると、

1
私は黄色い○のポイントから、赤矢印の方向を見ていたようです。どうやらむじな川が胎内川に流れ込む部分に大量の土砂が堆積しているような感じです。これが血管ならばアテローム血栓症で脳梗塞間違いなしの状態です。

上流に大きな砂防ダムがあるにもかかわらず、これだけの土砂を運ぶむじな川、恐るべし!です。

4回に渡ってむじな川を追跡しましたが、小さな川の探検は面白いです。この川の名前も普通の地図やネットでは確認できず、道路沿いに立っているたった一枚の看板に記されているだけです。道路を車で走っているときは気にも留めない小さな川でも、その全貌を明らかにするのは大変な事だと実感しました。

夏休みの自由研究にお勧めのテーマかもしれませんが、夏場は雑草とか虻とか大変かもしれませんね。

2017年4月20日 (木)

葱坊主

20170420_144324
*
二度の強風で近所の桜はあっという間に終わってしまいました。その点、葱坊主は風に強そうです。元気に花を咲かせています。
*
胎内川の土手の桜はまだ残っているでしょうか?
予報では明日はちょっと晴れそうな感じです。
*
New1
*
そんな訳でおとなしく撮り溜めた映画なんかを観ていたのですが、「DEADPOOL」ひどい映画ですね。良い子の皆さんは絶対見てはいけない気がします。正義の為なら悪党(の手下)が何人死んでもかまわないという考え方もどうかと思いますが、この映画は更にまずい気がします。ジョンウィックなんかと同じ感じでしょうかね。途中X-MENのメンバーからお前もヒーローになれと誘われる辺りが、笑えなくもないですけど。
 
私はアメリカンコミック物はあまり詳しくないですが、この映画に限らずアベンジャーズとか、1人で活躍していたヒーローを寄せ集めて映画にする作戦をとっていますね。低迷する日本の時代劇も時代考証とか無視して何人か寄せ集めて作ったら面白くなりませんかね。
権力に物を言わせて解決する水戸黄門、優秀な配下を使って犯人を追い詰める長谷川平蔵、自分の剣術のみを頼りに一人敵地に乗り込んで殲滅する桃太郎侍。この3人を召喚したら結構面白そうだと思うのですが・・・

2017年4月18日 (火)

むじな川を辿る その3

Dsc_8897
大好評企画(なのか?)むじな川を辿る、今回は古屋君から下流に進んでみようと思います。

何の事はないいつもの散歩道の脇を流れているのが「むじな川」です。

Dsc_8899
去年の秋に見つけた橋から先は道路と離れ、高坪山の裾に沿って流れていきます。

Dsc_8900

全く見えませんが、点在する民家の脇を通って何本かの支流と合流しながら下流へ向かいます。

これを高坪山側からみると

Dsc_8908
こんな感じで、やはり何処を流れているのか分からない程目立たず、田んぼの用水路としか思えない状態です。

この辺りには鎌倉時代から南北朝時代に作られたと言われる板碑があります。当時の武士が作ったとされています。

Dsc_8910




再び道路と交わる地点では

Dsc_8901
ちょっとだけ水量が増えているようです。

この先、いよいよ胎内川と合流する事になります。むじな川の詳しい情報は検索しても出て来ないので、GoogleEarthで適当に測ってみたところ、恐らく3km程の短い川です。古屋君から下流1km程度で胎内川と合流しています。

私は山男ではないので、砂防ダムより上流を辿り「最初の一滴」を探す事は止めておいた方が良さそうですね。次回胎内川のとの合流をもって、この企画の最終回としたいと思います。

2017年4月14日 (金)

今年の加治川治水公園

Dsc_8868

実家通勤をしていた去年と一昨年は毎日のように通っていた加治川治水公園。今年は週1,2回になりました。今日はお天気も良かったので通勤途中にちょっと車を停めて写真を撮りました。

Dsc_8884

まだ3,4分咲きでしょうか。去年、一昨年より遅めの開花となっているようです。見頃は今週末から来週にかけてでしょうかね。

Dsc_8877
朝早くから公園整備の方がお花見客に備えて?遊歩道の整備をしてらっしゃいました。
照明器具も準備されていたので、今日からライトアップかもしれません。

2017年4月11日 (火)

月夜

Dsc_8857
昨日は仕事が終って外に出ると、ちょうど月が出てきました。

日が長くなりましたね。まだ明るいです。

Dsc_8863
夜は星見櫓で、月見酒と洒落込みました。前回よりは暖かくのんびり月見が出来ました。

人間の眼だと飯豊にかかる電線は無い事に出来るのですが、写真にはしっかり写ってしまいます。櫓があと2m高ければ・・・

Dsc_8865
櫓から見た高坪山の南西斜面です。月明りは何となく太陽とは違いますね。神秘的な感じがするのは何故でしょう。奥に見える杉林の手前にむじな川が流れています。雪融けで水量が多いのか、水音が聞こえてきます。

目立たないですが、左側の山桜が満開です。その隣が柿、そして右が栗、どちらも熊のご飯です。

熊は桜を観に来ないので(たぶん)、春物は地面でちょっと撮影して、秋は星見櫓から降りない方が良さそうです。

2017年4月 8日 (土)

梅は咲いたけど

Dsc_8850
職場近くの梅の花がようやく開きましたが、今日は冷たい風が吹き付けて寒い朝です。

Dsc_8847
今年は梅も桜もちょっと遅めのようですね。


2017年4月 4日 (火)

むじな川を辿る その2

Dsc_8797
前回、雪で引き返したむじな川を再度遡ってみました。

支流が合流している所を右に登ります。前回は105mmマクロレンズだったので、この合流を撮れませんでした。

Dsc_8801
前回は雪で道がありませんでしたが、1週間で大分融けました。

現れた道を進み砂防ダムを目指します。

Dsc_8813

落葉の道をどんどん進むと、

Dsc_8802

ありました。マップで確認した砂防ダムです。

Dsc_8811
砂防ダムから見た下流方向。意外と登っています。

Dsc_8808
そして、上流方向。水が貯まっていると写真として面白かったのですが、だた川が流れているだけでした。確かに古屋君はこのダムに守られているようなものなので、水が満杯ではかえって心配ですね。

Dsc_8816
やはり、橋は沢山かかっていますが、向こう側は殆ど杉林です。営林のためにかけられた橋なのでしょうか。

道路沿いの木に、スズメバチ用のトラップがいくつかぶら下がっています。中には大量のスズメバチの残骸が入っていました。古屋君にも備えた方が良いですね。営巣されるとめんどうですから。







2017年4月 2日 (日)

海と休日

20170402_152320
*
新年度最初の日曜日、穏やかで暖かな陽気となりました。
海も冬の荒々しい日本海は影を潜めて、静かな波音が心地よく繰り返していました。
まだ、風は寒いですけどね。
*
今日はかみさんが最近の家族写真を整理してフォトアルバムを作るというので、手伝いをしたり、映画を観たりのんびり過ごしています。今夜は晴れそうなので古屋君に帰りたい気もしますが、海の家で一杯飲んで攻殻機動隊ARISEの続きを観ます。
 
久しぶりに最近観た映画の感想です。
シンゴジラ、面白いですね。特に長谷川博己さんがカッコ良かったです。
SPY、面白いです。珍しく家族全員の意見が一致しました。
テラフォーマーズ、ひどすぎます。
カリキュレーター、何か曖昧ではっきりしない筋書きはロシア映画の特徴でしょうか?
曲がれスプーン、私は好きです。志賀廣太郎さんいいですよね。
 
 

2017年3月30日 (木)

似非 全周魚眼

Dsc_8776
*
NikonD800はFX、Nikkor10.5mmフィッシュアイはDXレンズ。この二つを組み合わせて撮影すると
*
Dsc_8786
*
こういう画像になるのですが、これを90度回転して2枚撮影し、フォトショップで組み合わせると似非全周魚眼にすることが出来ました。やってみると意外と面倒ですが、出来ないことはありません。まん丸の方が面白いこともあるので、積極的に試してみようと思います。唯一、三脚撮影しないと綺麗に重ならないのが難点です。

2017年3月29日 (水)

むじな川を辿る

Dsc_8749

高坪山の西を流れるむじな川は胎内川の支流です。

ようやく雪も融けて川を辿って山に入れるようになりました。

Dsc_8754

開けた畑を過ぎると両脇に木々が鬱蒼としてきます。

雪融け間もないのでまだ雑草はありませんが、夏は見通しが悪そうです。

Dsc_8752
むじな川にはこんな感じの手作り橋が何ヶ所か、かかっています。この橋はもう使われていませんね、きっと。

Dsc_8759
300mほど入った所にはまだ積雪があり、今回はここまでにしました。

Dsc_8763
もうすぐ砂防ダムまで登れると思います。Googleマップで見ると残念ながらダム湖はないようです。



より以前の記事一覧