フォト
無料ブログはココログ

雪の結晶

2017年12月 6日 (水)

雪が積もる、ということ

Dsc_0527_2
雪が積もりました。積雪の朝は、この冬既に3度目です。今年は大雪になりそうないやな予感と、こんな年は意外とこの先暖冬になるという経験とがせめぎ合っています。

どっちでしょうね・・・

今朝の雪は大きくて肉眼でも結晶が見える雪です。マクロレンズでも十分撮影出来るサイズなのですが、どんどん降って来るので落ち着いて撮影できません。とりあえず屋根の下にちょっとだけ積もった雪を撮りました。棘々の凄い構造物が降り積もっています。氷だから問題ありませんが、ガラス程の強度があったら雪の朝は、除雪で手を切ります。

Dsc_0558_2

2014年12月13日 (土)

放射冷却

Dsc_0554

NikonD800, ISO2000, 1/125, Nikkor VR105mmF2.8G(F8.0)

大雪の予報でしたが積雪は10cm程度、明け方の放射冷却で氷点下の朝になりました。

去年から始めた寒い朝のお楽しみ、雪の結晶です。

専用の撮影台を使う方もいるようですが、私は降り積もったままの結晶が好きです。地球の重力を忘れさせてくれるような繊細で微妙な構造がいたる所にみられます。

Dsc_0539
NikonD800, ISO800, 1/250, Nikkor24-120mm (24mm, F6.3)

ついでに朝焼け。このレンズは古い物でデジタルの星撮りには使えません。あまり表舞台には出る事はありませんが、旅行に1本だけ持って行くなら丁度良い長さです。写りはそこそこですがFが大きい事もあり、ボケはあまり良くありません。

綺麗な朝焼けで月も見えていましたが、30分もすると再び雪が降り始めました。